2018年 10月 19日 (金)

インフル流行のピーク過ぎたか ようやく2週連続で患者数が減少

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   国立感染症研究所は2017年2月17日、第6週(2月6日~2月12日)のインフルエンザの流行状況を発表した。定点当たり患者報告数は警報レベルの30人を下回る28.57人となり、前週の報告数38.14人よりも減少した。

   前週の報告数よりも増加がみられたのは1県だけで、46都道府県で軒並み減少した。これで1月下旬の週をピークに2週連続で減少傾向となり、流行が落ち着いてきたとみられる。

  • まだ子どもに多いインフルエンザ
    まだ子どもに多いインフルエンザ

高知、福岡、鹿児島の南国で依然として猛威

   都道府県別では高知県(41.63人)がトップで、続いて福岡県(39.77人)、大分県(38.55人)、鹿児島県(38.31人)、愛知県(38.03人)、宮崎県(36.64人)、山口県(36.15人)、長野県(35.47人)、埼玉県(35.14人)、福井県(35.06人)、石川県(35.02人)、長崎県(31.94人)、千葉県(31.85人)、佐賀県(31.79人)、青森県(30.18人)、山梨県(28.71人)、静岡県(28.66人)などの順となっている。

   この1週間に受診した患者数を推計すると約151万人となり、前週の約199万人よりも減少した。年齢別では、5~9歳が約26万人、10~14歳が約20万人人、0~4歳が約17万人と子どもが多い。40代が約16万人、30代が約15万人、70歳以上が約14万人、50代が約12万人、20代が約11万人、15~19歳、60代がそれぞれ約10万人となっている。また、2016年の流行の始まりから累計の患者数は約1098万人となった。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...