カナブーン飯田の不倫も「離婚ほのめかし」 擁護論吹き飛び「絶対クズ」

印刷

   宗教法人「幸福の科学」に出家した女優・清水富美加さん(22)が自著「全部、言っちゃうね。」につづっていた元恋人とは、ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬さん(26)だった。

   KANA-BOONの所属事務所は2017年2月21日、公式サイト上に飯田さんによる謝罪コメントを掲載した。飯田さんはその中で、清水さんに既婚の事実を伝えた後も「妻との離婚をほのめかしつつ」交際を続けたと告白した。

  • 飯田さんが謝罪コメントを発表(画像はKANA-BOON公式サイトのスクリーンショット)
    飯田さんが謝罪コメントを発表(画像はKANA-BOON公式サイトのスクリーンショット)

「清水富美加さんと交際をしておりました」

   飯田さんは冒頭で「私、KANA-BOONベース担当 飯田祐馬は、既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました」と不倫報道を認めた。

   コメントによると、飯田さんは2014年4月に一般女性と入籍した。しかし、それから約1年後の2015年6月、既婚者であることを隠して清水さんと交際を開始したという。

   以降の清水さんとの関係については、

「2015年9月に清水さんに既婚の事実を打ち明け、謝罪しましたが、清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました」

と説明。その上で「このことで、清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております」とした。

   なお、清水さんとの件については、妻とその両親に謝罪したといい、「夫婦間では解決しております」としている。最後には

「私の軽率な行動で、清水さん、関係者のみなさまにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。また、いつも応援してくださっているファンの皆様を悲しませてしまったことを心よりお詫び申し上げます」

と、謝罪した。

当初は「自分で名乗り出たのは偉いぞ!」の声も

   清水さんは17日発売の自著の中で、出家にあたって「悩みの種だった好きな人も忘れました」とつづっていた。この「好きな人」について19日付のスポーツニッポンが「元交際相手は人気ロックバンドの既婚者A」だと報道。21日未明にはAが飯田さんであることを同紙電子版が報じた。

   Aの正体が判明した当初、インターネット上では「不倫はよくない」という前提の上で、擁護する声も少なくなかった。この段階の報道で、(1)清水さんとはすでに破局していること(2)妻との話し合いが済んでいること(3)事務所に不倫の事実を自ら申告したこと、などが伝えられたことから、

「不倫はあかんけど、自分で名乗り出たのは偉いぞ!」
「自分からちゃんというって凄い努力だと想う」
「過去のことやし別れてるならええやろ」

といった声が上がっていたのだ。

   しかし21日午後に出た謝罪コメントにより、批判的な声も目立ってきている。最大の理由は、清水さんに既婚者であることを告げた後も「妻との離婚をほのめかしつつ」、交際関係を続けていたことが明らかになったためだ。

   ネット上ではこの点に注目が集まり、こんな声が相次いでいる。

「離婚をほのめかしつつは絶対クズじゃん駄目よほんともう」
「KANA-BOON飯田、これはアウトなのでは...」
「飯田さんの所業、ハッキリ言って最低」

   2016年1月には、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんとベッキーさんの不倫騒動が起きた。川谷さんも自身が妻帯者であることを明かした後、離婚の意向を示しながら交際を続けていた。そしてこの騒動とまさに同じ頃、飯田さんは清水さんとの関係に終止符を打っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中