麻央「楽しみ」海老蔵「まじなのか、、」 5歳娘の「嫁入り願望」に衝撃

印刷

   がん闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が2017年2月23日にブログを更新し、長女・麗禾ちゃん(5)に「嫁入り願望」があることを明かした。

   麗禾ちゃんと弟の勸玄くん(3)は3月3日のひなまつりに合わせ、幼稚園でひな人形を制作。麻央さんは2人の作品をブログで紹介した。

  • 市川海老蔵さん(左)と小林麻央さん(右)
    市川海老蔵さん(左)と小林麻央さん(右)

父親に対する「気遣い」も

   その上で、麗禾ちゃんからは次のような「注文」があったことを明かした。

「娘が、『ひなまつりが終わったら片付けて。そうしないとお嫁にいけないの。何日に片付けるの?』と気にしていました笑」

   おそらく、幼稚園かどこかで「3月3日を過ぎたら早くしまわないと婚期が遅れる」という言い伝えを耳にしたのだろう。麻央さんは「お嫁にいくつもりなのね」「将来が、楽しみです」とし、麗禾ちゃんの未来に思いをはせた。

   一方、父親である歌舞伎役者・市川海老蔵さん(39)は、愛娘の「嫁入り願望」に複雑な思いを抱えているようだ。23日に更新したブログでは、麻央さんの記事を引用した上で

「まじなのか、、私にはパパのそばにいてあげるからねと言っているのに...やはり、行くつもりなのだとしった」

とつづっている。まだまだ先の事とはいえ、ショックを隠し切れないらしい。

   娘の嫁入りは父親特有の寂しさがあるもの。海老蔵さんは「私には言わないところが、、麗禾ちゃん」ともつづり、母親にだけしか明かさなかった娘の「気遣い」が心に染み入ったことをうかがわせた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中