2018年 11月 16日 (金)

麻央「楽しみ」海老蔵「まじなのか、、」 5歳娘の「嫁入り願望」に衝撃

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   がん闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が2017年2月23日にブログを更新し、長女・麗禾ちゃん(5)に「嫁入り願望」があることを明かした。

   麗禾ちゃんと弟の勸玄くん(3)は3月3日のひなまつりに合わせ、幼稚園でひな人形を制作。麻央さんは2人の作品をブログで紹介した。

  • 市川海老蔵さん(左)と小林麻央さん(右)
    市川海老蔵さん(左)と小林麻央さん(右)

父親に対する「気遣い」も

   その上で、麗禾ちゃんからは次のような「注文」があったことを明かした。

「娘が、『ひなまつりが終わったら片付けて。そうしないとお嫁にいけないの。何日に片付けるの?』と気にしていました笑」

   おそらく、幼稚園かどこかで「3月3日を過ぎたら早くしまわないと婚期が遅れる」という言い伝えを耳にしたのだろう。麻央さんは「お嫁にいくつもりなのね」「将来が、楽しみです」とし、麗禾ちゃんの未来に思いをはせた。

   一方、父親である歌舞伎役者・市川海老蔵さん(39)は、愛娘の「嫁入り願望」に複雑な思いを抱えているようだ。23日に更新したブログでは、麻央さんの記事を引用した上で

「まじなのか、、私にはパパのそばにいてあげるからねと言っているのに...やはり、行くつもりなのだとしった」

とつづっている。まだまだ先の事とはいえ、ショックを隠し切れないらしい。

   娘の嫁入りは父親特有の寂しさがあるもの。海老蔵さんは「私には言わないところが、、麗禾ちゃん」ともつづり、母親にだけしか明かさなかった娘の「気遣い」が心に染み入ったことをうかがわせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中