森友学園に「感銘を受け」ていた昭恵夫人 安倍首相が明かした「名誉校長」辞任の理由

印刷

   学校法人「森友学園」(大阪市)が2017年4月に開校予定の「瑞穂の国記念小学院」をめぐり、安倍晋三首相は2月24日の衆院予算委員会で、昭恵夫人が同校の「名誉校長」を辞任したことを明らかにした。

   夫人は2015年9月、森友学園が運営する幼稚園で講演を行い、名誉校長に就任した。ところが首相の説明によれば、学園理事長の籠池泰典氏からスピーチの直前に「なってくれ」と言われ、夫人は当初断っていたのだという。

  • 安倍晋三首相
    安倍晋三首相
  • 公式サイトから削除された昭恵夫人の挨拶文
    公式サイトから削除された昭恵夫人の挨拶文

講演直前の待合室で「なって」と言われた

   森友学園をめぐっては、不透明な国有地払い下げ問題が取り沙汰されている。国会ではこの取引に加え、4月に新設される「瑞穂の国記念小学院」の名誉校長を昭恵夫人が務めていることや、「安倍晋三記念小学校」の名目で学校建設の寄付金集めが行われていたことが追及の対象となっている。

   民進党の福島伸享氏は24日の予算委で、小学校の公式サイトから夫人の顔写真と挨拶文が23日までに削除されたことについて質問。これを受け首相は、夫人から聞いたという名誉会長就任までの経緯を次のように説明した。

「実は(就任記念)講演の前の待合室において『名誉校長になってください』と頼まれ、妻はそこでは『夫の関係もあるので、お引き受けできない』と断った。しかしその後、突然、その場で籠池さんからそのように(名誉校長だと)紹介された」

   テレビ東京が独占報道した実際の講演映像を見ると、籠池氏は「今、安倍昭恵先生に名誉校長になっていただいたということをご報告申し上げました」とし、保護者に拍手を促した。首相によれば、夫人は「なかなかそうなったら、その場で『それはお引き受けできない』と、はっきり言うことができなかった」のだという。

   その後、昭恵夫人は「あそこで急に(名誉校長だと)出されて、私も当惑しました。お引き受けできません」と話し、何度もやりとりを重ねたそうだ。だが、小学校側からは「父兄の前でおっしゃったんだから、引き受けてもらわないと困ります」と言われ、最終的に受けることになったのだという。

「子どもたちやご両親にご迷惑を...」

   しかし国会で問題視されるようになったことから、夫人側は「名誉校長を引き受けることにより、子どもたちやご両親にかえってご迷惑をかけ続けることになる」として辞退を申し入れたそうだ。

   森友学園の公式サイトの挨拶文では

「籠池先生の教育に対する熱き想いに感銘を受け、このたび名誉校長に就任させていただきました」
「優れた道徳教育を基として、日本人としての誇りを持つ、芯の通った子どもを育てます」

などとつづっていた夫人だが、首相の答弁の限りでは、名誉会長への就任には渋々応じたという説明だった。

   なお、首相は「安倍晋三小学校」という名称についても言及し、「寄付を募る紙をみて、私も非常に驚愕した」と述べた。

   首相側からは何度も断ったにもかかわらず、自身の名前を寄附金集めに使われたのは「極めて遺憾だ」とし、事務所側から学園側に強く抗議したと説明。学園側は「申し訳ない」と謝罪したという。

   森友学園は28日、大阪府庁で記者会見を行うとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中