2019年 7月 22日 (月)

森友学園巡る「上西vs維新」バトル激化  「維新が食い物」「炎上商法」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   学校法人「森友学園」(大阪市)の不透明な国有地払い下げ問題をめぐり、「浪速のエリカ様」こと上西小百合衆院議員と、松井一郎大阪府知事が代表を務める政党「日本維新の会」の対立が激化している。

   上西氏は今回の問題について、ツイッターで維新議員の関与を示唆するような投稿を続けている。こうした上西氏の書き込みに対し、維新側からは激しい反発が出ている。上西氏は自身の「国会サボリ疑惑」で15年4月に維新の党(当時)から除名処分を受けている。

  • 左は上西氏の写真集「小百合」(双葉社)、右は松井氏(16年6月撮影)
    左は上西氏の写真集「小百合」(双葉社)、右は松井氏(16年6月撮影)

維新・足立議員「上西のボケ、あほ」

   上西氏は2017年2月19日、森友学園の国有地払い下げ問題について、ツイッターで維新側の関与を示唆するような投稿を寄せた。上西氏は投稿の中で、維新側からの要請を受けて13年12月に同学園が運営する塚本幼稚園を視察していたと説明。その上で、

「塚本幼稚園の籠池(泰典)理事長の息子さんが『日本維新の会』の足立(康史衆院)議員の秘書であったと語っている」(カッコ内は編集部注)

などと主張した。

   こうした投稿に対し、足立氏は激怒。19日のツイッターで「おまえはボケか!」と一喝し、

「(理事長の息子は)一昨年の住民投票の際にオレンジのTシャツ着て維新陣営に出入りしていたのは承知。 しかし、同時に大阪自民党にも出入りしていると分かり、誰も相手にしなくなった(略)足立事務所に入りたいとアプローチがあったが、即時にお断りした次第。一切の雇用関係なし」(カッコ内は編集部注)

と上西氏の指摘を全否定。その上で、

「あかん、上西のボケ、あほ(中略)に反応してしまった。 一生の不覚。 有権者に説明すべきは全て書いたので、以上にします」

とも書き込んでいた。

   その後、上西氏は翌20日のツイッターで、秘書を通じて森友学園側とのコンタクトに成功したことを報告。維新側の責任を追及する姿勢は一貫しており、22日のツイッターには、

「『日本(大阪)維新の会』という政治集団が、森友学園という法人を使って不正をしました」

とも書き込んでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中