2018年 11月 16日 (金)

おかもとまり「わざわざ傷つくコメント見たくない」 インスタブロックの原因

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ものまねタレントのおかもとまりさん(27)が2017年2月28日にインスタグラムを更新し、寄せられたコメントを「ブロック」したと明かした。

   コメントがどのような内容だったのかは不明だが、本人は深く傷ついたようで、批判するならば自身の目に触れないところでやってほしいと訴えた。

  • ブログで「バイキング」内での発言を釈明(画像はおかもとまりさんの公式ブログのスクリーンショット)
    ブログで「バイキング」内での発言を釈明(画像はおかもとまりさんの公式ブログのスクリーンショット)

自身の「保育園発言」が引き金か

   おかもとさんは息子の写真を投稿し、「嫌なコメント、ブロックしてしまい、ごめんなさい」と、不快なコメントをブロックしたことを打ち明けた。続けて、

「自分が作ったSNS、愛のあるコメントに助けられるのは嬉しいことだけど、批判だったりを見て落ち込みたくないです。批判されるのはわたしに原因がありますが、わざわざ自分が傷つくコメントを見たくないです」
「タレントだから仕方がなく我慢するべきことでしょうか?一応、人間です。皆さんは自分のSNSに批判コメントされても傷つきませんか?わたしは慣れてはしまいましたが、やはり嫌です。そして慣れてしまった自分を、人間として悲しく思います」

と、長文で思いを吐露し、

「わたしは掲示板は見ないタイプなので、どうかわたしの目に入らない掲示板でたくさん批判してください」

と訴えた。

   実際のコメントがどのような内容だったのかは明かしていないものの、同じ28日、おかもとさんはフジテレビ系「バイキング」に生出演。待機児童問題に2年連続で直面していることを告白していた。

   ネット上では、番組内での発言について一部から疑問の声が上がり、おかもとさんは同日中のブログで釈明していた。インスタグラムにもこの件に関するコメントが複数寄せられており、問題のコメントも番組内の発言を受けたものだった可能性がある。

保育園入れたい理由は「子供同士の触れ合い」

   「バイキング」での説明によると、おかもとさんは16年、息子の保育園の入園選考に「全落ち」。翌17年も「保留」となってしまったという。1年目は、職業欄に芸能活動のみを記したことが「悪かった」と考え、2年目は自ら起業した仕事についても書いて臨んだが、入園はかなわなかった。そのため現在は、近所に住む「ばあば」の力を借りたり、作曲家である夫と都合を合わせたりしながら、子育てと仕事を両立させているのだという。

   おかもとさんは「一番はやっぱり、保育園に入りたい理由っていうのは、仕事もそうなんですけど、子供同士の触れ合いが大事」と指摘。その上で、

「だから、ただ預けて、みてもらうだけじゃなくて、ちゃんと(他の)子供と同じ空間にいて、遊ばせて、友達ができてっていうのをやらせたいのにできないんですよ!」

と力を込めて訴えた。

   しかし、ネット上では

「だったら年少さんから幼稚園に入れればいいじゃん」
「同世代の子と遊ばせたいなら子育て支援センターいけば遊べるでしょ」
「生活がかかってて、仕事を!って、切羽詰まった感じが全く無かった...」

といった疑問や批判が相次ぐことに。

   これを受け、おかもとさんはブログを更新。延長で預かってくれる幼稚園も探していること、「ばあば」に負担をかけっぱなしにはできないこと、共働きであっても自身はまだ「頑張り中」であることなどを説明した。子供同士の触れ合いという点については、

「勘違いさせてしまいましたが、子供たちの触れ合いのためだけに保育園にいれさせたいというわけではありません」「今は同じ年の子と触れさせるため、週一(土曜日)にベビーパークや児童館にもいっています」

と釈明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中