「刻みのり」になぜノロウイルス 乾燥・密閉していても危ない

印刷

   東京都立川市内の7小学校で起きた食中毒の原因について、都が給食に出された「刻みのり」と特定し、ネット上で驚きの声が広がっている。なぜ乾燥・密閉状態の焼のりがノロウイルスに汚染されていたのかということだ。

   「家庭でものりは使いますし、疑うことはたぶん不可能だと思います」。立川市教委の教育部長は2017年3月1日、J-CASTニュースの取材に対し、苦渋の様子でこう答えた。

  • 問題の「刻みのり」(大阪市のホームページから)
    問題の「刻みのり」(大阪市のホームページから)

のりの裁断・梱包段階でウイルスが混入か

   和歌山県御坊市内の小中学校などで1月下旬、800人以上がノロウイルスによる食中毒になり、問題の刻みのりを含む「磯和え」が原因と特定されていた。しかし、事前に「のり」が危ないとの情報はなく、立川市教委は、2月16日の給食で親子丼に、この焼のりを使うことを中止できなかった。

   7小学校では、翌17日から児童と教職員約1100人もがおう吐や下痢などの食中毒症状を示し、うち児童7人が一時入院した。その後、28日になって、都が「刻みのり」が原因だと発表し、大阪市内ののり製造・販売会社「東海屋」もこの日から自主回収を始めた。また、東京都小平市内の2小学校で23日から児童や教職員約100人がノロウイルスによる食中毒になったことについて、給食で同じ刻みのりが使われていたことも明らかにされた。

   東海屋では、委託していた大阪市内の業者がのりの裁断・梱包をする過程でノロウイルスが混入したとの見方をホームページ上で示している。

   この業者にJ-CASTニュースが取材すると、その可能性があることを認めた。この業者は、

「昨年の12月前半に、おう吐や下痢などの症状が多少ありましたが、のりは乾燥して密封されますので大丈夫だと思っていました。20年もこの仕事をしていて、体調が悪い時もありましたが、こんなことはありませんでした。東海屋さんから連絡があってびっくりしており、危ないことが分かっていたら荷詰めしなかったと思います」

と話した。

これまでも「のり」が原因だったが、気づかなかった可能性

   刻みのりは、兵庫県産を使っているという。ネット掲示板などでは、韓国産ではないかとの憶測が流れているが、これまでに扱ったことはないとしている。

   のりは乾燥して密封されているのにも関わらず、なぜノロウイルスに汚染されていたのだろうか。

   東京都の食品監視課では、「ノロウイルスは乾燥に強く、酸素が十分になくても生きていられます」と取材に答えた。のりなどの加工品から検出されたというのは今までに聞いたことがないというが、その理由についてはこうみる。

「ウイルスの検査は難しいのですが、今回は、問屋にのりがかなりの量残っていたことで検出されました。また、検査技術が最近になって発達してきたこともあると思います」

   つまり、これまでは、のりなどが原因で食中毒になっていたとしても、気づかなかったり、検出されなかったりしただけの可能性があるということだ。

   立川市教委は、給食の検食用に刻みのりを保存していたが、ノロウイルスは検出されなかった。しかし、都が和歌山県に問い合わせて同じ東海屋ののりを使っていたことを知り、問屋からのりを取り寄せていた。

   和歌山県の食中毒で「刻みのり」が原因だと分かっていれば、立川市や小平市の食中毒が防げたとみられるが、なぜ原因と分かっていないのか。

   この点について、和歌山県の食品生活衛生課では、取材にこう説明する。

「御坊市の給食で検食用にのりが保存されていなかったので、検査できませんでした。東海屋に確認したところ、苦情などは来ていないというので、問屋に在庫の確認もしませんでした。もう在庫はないので、のりが原因かは検査できませんが、今後は、問屋からの取り寄せも考えていかないといけないと考えています」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中