2019年 11月 21日 (木)

メルカリ大放出「JK制服」のお値段 フェリス32万円、慶応女子26万円

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   卒業シーズンを迎え、女子高生らの制服がフリマアプリ「メルカリ」に大量に出品されていると、ツイッター上で話題になっている。中には、リユース用とは思えない値段を付けるケースも出ている。

   「卒業シーズンのメルカリがやばいw」「この時期のメルカリ闇深すぎ」。2017年3月1日ごろから、ツイッター上では、こんな会話が交わされるようになっている。

  • 制服出品が相次いでいる(写真はイメージ)
    制服出品が相次いでいる(写真はイメージ)

橋本奈々未さんの母校と売り込むケースも

   投稿された画像を見ると、メルカリに出品された女子高生らの制服がずらりと並んでいる。

   中古品のセーラー服に数万円の値段が付いており、中には、20万円台、30万円台の値段が付いている制服もあった。例えば、「フェリス女学院制服 冬服」は、送料込みで32万円となっていた。また、「慶應 女子 制服」は、送料込みで26万8000円の値が付いていた。お嬢様学校や難関女子校だと、相場が高い傾向があると指摘されている。

   アイドルの出身校であることを売りにしたケースもある。

   「乃木坂46」元メンバー橋本奈々未さん(24)の母校となる北海道旭川西高校の制服が「卒業セール!」として送料込み1万円で売り出され、ツイッターなどで話題になっていた。

   各制服の購入希望者とのやり取りを見ると、ある出品者に対しては、男性名のニックネームで「体操服があればなと思いまして」とリクエストがされていた。これ以外でも、体操服を尋ねるケースは多い。また、「靴下はありませんか?」「上履きはありますか?」といった問い合わせのほか、「アルトリコーダーはありませんか?」という変わったものもあった。

   もっとも、ツイッター上などでは、「双方にメリットがあるし、たしかにいいビジネスw」「昔制服盗んだ芸人がいたけど、メルカリで買えばよかったのに」とする意見も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中