2018年 10月 23日 (火)

J-CASTニュースランキング 2月は「清水富美加出家」に集中

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   J-CASTニュースが2017年2月中に配信した記事のアクセスランキングは、「清水富美加『レプロ社長を殺したいと思った』 暴露本『全部、言っちゃうね。』衝撃内容」(2月17日)がトップだった。

   関連記事では、清水さんの「出家」先である宗教団体、「幸福の科学」に関する記事にもアクセスが集まった。

NHK「ガッテン」にも大きな反響

   清水さんの出家、引退は2月12日に第一報が流れたが、幸福の科学と清水さんの元所属事務所の言い分が食い違う中で、発売された暴露本の内容が衝撃的だった。清水さん関連記事は、「幸福の科学、『清水富美加氏は引退ではなく、当会の映画に出演します』」(2月12日)が3位、「清水富美加の前は能年玲奈も『給与5万円』騒動 『レプロ』契約トラブル続発は偶然か」(2月13日)も6位に入るなど、他の記事も含めて関心が集まった。

   2位にランクしたのは、「NHKガッテン『睡眠薬で糖尿病治療できる』  医師『番組見たが、ちょっとひどい』」(2月24日)。その後、NHKは番組ホームページや番組内で謝罪して、放送内容を大幅に修正している。第一報のこの記事は、ツイッターやフェイスブックなど、SNSでも大きな反響を呼んだ。

   4位にも健康関連の「水素水業界、国民生活センターと全面対決 『断じて納得できません』」(2月2日)が入るなど、このジャンルへの関心は高い。「マラソン大会262人失格   『最後尾』児童が優勝した全事情」(2月15日)は5位だった。

   以下、7位「大竹まこと『うるせえなぁ!』 新幹線内で盛り上がる親子にガチギレ」(2月2日)、8位「エビ中・松野莉奈さん急死、18歳 『信じられない』『嘘でしょ』」(2月8日)、9位「東芝、『サザエさん』スポンサー降板も 48年ロングランアニメどうなる」(2月15日)、10位「櫻井翔と小川アナの熱愛報道に揺れるファン心理 『信じられない』『もう35歳だよ?』」(2月26日)の順だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...