2018年 7月 23日 (月)

『ちゃお』付録にルンバ? 580円の「吸引力」徹底検証

印刷

   少女漫画誌『ちゃお』(小学館)の付録に史上初めて、「家電」が登場した。機能はずばり「お掃除ロボ」で、机の上の細かいゴミを勝手に吸い取ってくれる。

   「最近の付録ってすごい」「ルンバ的」とネットユーザーの興味関心も高いこの付録。今回、J-CASTニュースはその吸引力を検証した。

  • 史上初の「家電」付録(画像は『ちゃお』の17年4月号)
    史上初の「家電」付録(画像は『ちゃお』の17年4月号)
  • 【画像】消しカスを吸引する「プリちぃおそうじロボ」
    【画像】消しカスを吸引する「プリちぃおそうじロボ」

「採算取れるのか心配になる」

   お掃除ロボは、その名も「プリちぃおそうじロボCHI-01」(以下、「プリちぃおそうじロボ」)。17年3月3日に発売された4月号の付録で、雑誌本体の価格580円(税込)だけで入手可能だ。

   同誌連載中の作品「プリプリちぃちゃん!!」の主人公である地底人「ちぃちゃん」をフィーチャーしており、見た目は可愛らしい。

   機能について、付属の取扱説明書は

「机の上を『自在に走り回って消しゴムのカスをおそうじしてくれる、夢のふろく』」
「これでいつもあなたの机はピカピカだ」

だと説明している。

   自動走行で、障害物や段差を認識しながら方向転換する。こうした機能は「ルンバ」をはじめとする全自動の掃除ロボットと同じだ。

   そのため、ツイッターで

「580円でルンバをゲット」
「採算取れるのか心配になる」
「ルンバが欲しいけど高いから買えないって人にオススメ」

との声が寄せられている。

   実際、ルンバの代わりになるほど高性能なのか。今回、「プリちぃおそうじロボ」に記者の汚い机を掃除させてみた。

消しゴムのカスを掃除させてみる

   「プリちぃおそうじロボ」は、パーツの状態で封入されている。ロボットを組み立てる、と聞くと手先が不器用な読者は気おくれするだろうが、組み立て方の説明書は同封されている。切ったり貼ったりの複雑な作業はない。

   単4電池をはめ込んで、セット完了。満を持してスイッチを入れた。「ガー」とやや大きな音を立てて、「障害物」だらけの机を動き回る「プリちぃおそうじロボ」。

   ファイルや本を器用に避け、軽やかに方向転換を決める。移動した部分から細かいゴミが消えている。ちゃんと吸っているようだ。

   さらなる吸引力テストのため、消しカスを机の上に撒いてみた。1回の移動で吸引できたのは、全消しカスの60%ほど。「ピカピカ」とまではいかないが、ある程度の戦力にはなってくれそうというのが、記者の感想だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中