2018年 11月 16日 (金)

ゾウに接触し男性飼育員が死亡 和歌山

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2017年3月12日午前、和歌山県白浜町の動物公園「アドベンチャーワールド」で、アジアゾウとの接触事故で、タイ国籍の男性飼育員ウィッチャイ・マディーさん(37)が死亡した。警察と消防が詳しい状況を調べている。

   開園準備中の9時15分ごろ、マディーさんともう1人の飼育担当者2人でアジアゾウ(40歳・メス)の身体を洗っていたところ、接触事故が発生。ゾウが振り回した鼻に当たり、飛ばされて頭を強く打ったという。救急搬送、救命措置を行ったが、搬送先の病院で死亡が確認された。

   アドベンチャーワールドは、事故の原因調査と安全確認のために3月13、14日を臨時休園すると発表した。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中