「マイケル・ジャクソンをアニメに」 1100万円詐欺で父子逮捕

印刷

   米人気歌手の故マイケル・ジャクソンさんのアニメ制作を持ちかけ、現金1100万円をだまし取ったとして警察庁赤坂署は2017年3月14日までに、会社役員の親子を詐欺容疑で逮捕した。

   時事通信など各メディアの14日の報道によると、2人は、都内のアニメ制作会社社長にマイケル・ジャクソンさんのアニメ化権利があると装い、ライセンスの契約金として容疑者らの会社名義の口座に現金振り込ませた疑いがもたれている。2人はいずれも容疑を否認しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中