韓国人は日本より中国が嫌いになった 慰安婦より経済報復に反応

印刷

   最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の在韓米軍への配備で中国が韓国への批判を強める中、韓国人に他国の好感度を尋ねた世論調査で、中国への好感度が日本を下回るという結果が出た。

   釜山の日本総領事館前の慰安婦像設置問題などで日韓関係は冷え込んだままだが、中国が官民挙げて韓国を攻撃していることへの反感が、それを上回ったようだ。調査を行ったシンクタンクも「驚くべき結果」だとしている。

  • 韓国で行われた世論調査で中国の好感度だけが急落した
    韓国で行われた世論調査で中国の好感度だけが急落した

中国の好感度だけが急落

   調査はシンクタンクの峨山(アサン)政策研究院が19歳以上の韓国人男女1000人を対象に行い、結果を2017年3月20日付で発表した。最も好感度が高い状態を10として、米国、中国、日本、北朝鮮の4か国を、それぞれ10段階で評価してもらう形式。最も高かったのが米国で、1月調査では5.77、3月は5.71とほぼ横ばいだった。最も低い北朝鮮は1月が2.41、3月が2.17だった

   調査を行ったシンクタンクの報告書に「驚くべき結果のひとつ」として紹介されているのが中国に対する好感度。1月の4.31から3月は3.21と1.1ポイントも下落した。

   THAADをめぐっては、17年2月末、ロッテが所有するゴルフ場用地をTHAAD配備のための敷地として提供することを決めた。その直後から中国国内に展開するロッテの店舗に対して中国当局から税務調査が入ったり、官営メディアがロッテ批判を展開したりした。不買運動も起きた。これ以外にも、中国人が韓国旅行を控えたため、免税店の売り上げに影響するなどした。報告書でも、中国への好感度の下落は「朝鮮半島へのTHAAD配備に対する中国の報復の結果」だとみている。

「韓国人の認識が大きく変わった」

   報告書は日本と中国の好感度の差を「さらに驚くべきこと」だと指摘。日本に対する好感度は1月は3.56で、3月は0.23ポイント低い3.33だった。「これまで日本は、北朝鮮を除けば、韓国人にとって最も好かれていない国」だったにもかかわらず、日本がわずかに中国を上回ったためだ。日韓関係は冷え込んでいるにもかかわらず、好感度は微減にとどまった。中国との違いについて、報告書では

「THAADに対する中国の経済的報復で、いかに韓国人の認識が大きく変わったかを示している」

と分析している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中