2019年 10月 14日 (月)

チビはハゲやすいってホント?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「チビ」「ハゲ」「デブ」といえば、男の3大コンプレックスである。どれ1つとっても、ないにこしたことがないと願う男性は多いだろう。

   ところが、背が低い男性は若くして薄毛になりやすいという、実もふたもない研究が発表された。髪(神)も仏もないのだろうか。

  • パリッとキメて堂々とすれば、こんなにモテモテ(イラスト・サカタルージ)
    パリッとキメて堂々とすれば、こんなにモテモテ(イラスト・サカタルージ)

白人男性の多い「30代から薄毛」になる人を調べると

   背が低くて薄毛の有名男性といえば、ソフトバンクグループの創業者・孫正義さん、俳優の竹中直人さん・小日向文世さん、米俳優・監督のダニー・デビートさんらがいる。皆さん、屈託など感じさせずに元気に活躍中だ。

   研究をまとめたのは、ドイツ・ボン大学のシュテファニー・ハイルマン・ハインバッハ教授らのチームだ。英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」(電子版)の2017年3月8日号に発表した。ハインバッハ教授らは、最初から男性の薄毛と背の高さの関係を調べたわけではない。若いうちから薄毛になる「若年性男性型脱毛症」(MPB)の原因となる遺伝子を調べているうちに、いくつかの遺伝子が、身長が低くなる遺伝子と密接に関係していることを「発見」したのだった。

   同誌の論文によると、「若年性男性型脱毛症」は欧州系の白人に多くみられる。30代前半から脱毛が始まる病気だ。アジア系男性の場合は、40代頃から始まり、頻度も白人よりはるかに低い。研究チームは、若年性男性型脱毛症の白人男性1万846人の遺伝子を、脱毛症ではない1万1672人の遺伝子と比較した。そして脱毛症を発症させることに関連がある遺伝子を63個突きとめた。それまで知られていたのは40個だから、新たに23個発見したわけだ。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中