テレ朝、前ドラマ制作部長を降格処分 約560万円の経費不適切使用

印刷

   テレビ朝日は、同局の前ドラマ制作部長が会社の経費を不適切に使用したとして、懲戒処分とした。同局が2017年3月28日夕、報じた。

   報道によると、前ドラマ制作部長は2010年から7年間、個人的な会食などで計605件、約560万円の会社宛ての領収書を受け取り、会社から払い戻しを受けていた。同局は、21日付で前部長を降格処分とし、部長職も解任。上司もけん責処分とした。不正使用された費用は全額返済されているという。「非常に遺憾です」などとする同局コメントも伝えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中