濱松恵、相次ぐ売名批判に「私に何の得もない」 「不倫」騒動で映画主演も白紙

印刷

   お笑いトリオ「東京03」の豊本明長さん(41)との不倫報道で注目を集める女優、濱松恵さん(34)が「売名」との指摘にブログで反論している。

   2017年3月27日発売の「FLASH」(光文社)が「不倫の証拠」として掲載したのは、2人が男女の仲であることをうかがわせる「エロLINE」画像だった。濱松さんはこれを「信頼していた友人」がリークしたものだとし、裏切られたショックをブログに綴っていたが、ネット上などでは「売名」「炎上商法」という声が相次いでいる。

  • ブログで「売名」に反論した濱松恵さん(画像は濱松さんの公式ブログのスクリーンショット)
    ブログで「売名」に反論した濱松恵さん(画像は濱松さんの公式ブログのスクリーンショット)

東京03豊本は上林愛貴と関係継続宣言

   豊本さんは2014年、女子プロレスラーのミス・モンゴルこと上林愛貴さん(40)から「逆プロポーズ」を受け、婚約。FLASHによれば、入籍こそしていないが、すでに都内で同棲しており、事実婚状態にあるという。

   豊本さんは17日3月30日未明、報道後初めてツイッターを更新し、「この度は、お騒がせしてしまいまして大変に申し訳ございませんでした」と謝罪。その上で「これからは、関係者やファンの皆様、仲間や友人、そして、上林愛貴を裏切らないようにしていきたいと思います」と、上林さんとの関係継続を宣言した。約1時間後には上林さんもツイッターで騒動を謝罪。「2人で心身ともに鍛え直しです!」と前向きにつづった。

   濱松さんは28日時点で謝罪ブログを書いていたため、騒動に関わった3者がコメントを出したことで一件落着...と思われたが、事はそう簡単に運ばなかった。ネット上などでは、濱松さんに対して「友人と共謀した売名行為ではないか」「炎上商法だ」といった指摘が上がっていた。

   すると濱松さんは30日にブログを更新し、「私が友達と共謀したとか、色々言われましたが、そんな事をして私に何の得もないです」と反論したのだ。さらに、

「プライベートなLINEを世間にさらされ、好きな人を失い、映画の主演も白紙になり、何の得もありません。。」

と、今回の件によって仕事がなくなったことも告白した。なお、「売名」については同じ30日昼にVTR出演した「バイキング」(フジテレビ系)の中でもキッパリと否定している。

加藤紗里、おぎやはぎ小木が「売名」認定

   それでも批判はなかなか消えない。30日夜には、昨年(2016年)、お笑いタレントの狩野英孝さん(35)の二股騒動で「売名」と騒がれた加藤紗里さん(26)がツイッターで

「この当たり屋みたいな女の人が待ち構えている道路には...やたら芸人の方が猛スピードで通り過ぎるんだな 売名ダメ絶対(笑)」

と、皮肉った。濱松さんも過去に狩野さんとの不倫報道があったため、これを念頭に置いたようだ。

   31日未明のラジオ番組「JUNKおぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ系)では、「友達に相談するためにLINE画面を送ったらリークされた」という濱松さんの主張を受け、小木博明さん(45)が「完全にウソ。完全に自作自演」と断言。仮にそうであれば「友達が勝手に作った」と主張すればいいと話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中