オープン戦最下位の巨人 開幕にむけて「隠し球」あり!

印刷

   巨人がこれほど不安を抱えてシーズン本番を迎えるのは珍しい。オープン戦5勝14敗で12球団の最下位。さあ、どうする...。

  • オープン戦最下位の巨人
開幕にむけて「隠し球」あり!
    オープン戦最下位の巨人 開幕にむけて「隠し球」あり!

「巨人が優勝しないと景気がよくならない」

   巨人を応援する「燦燦会」(さんさんかい)が開催されたのは2017年3月27日。この後援会は古くから財界人などが顔をそろえることで知られる。

「進化をモットーに優勝を期待する」

   こうゲキを飛ばしたのは御手洗富士雄会長。キャノン会長CEOである。およそ200人の出席者は呼応して拍手した。

   実はこの会、激励と同時にチームにプレッシャーを与えることもあり、とりわけ監督は神経質になる。

   今年もそうだった。

「巨人が優勝しなきゃ(世の中の)景気が良くならないんだ。31日には実力を発揮してもらう」

   ご存じ渡辺恒雄氏のゲキだ。この通称ナベツネは今、読売新聞グループ代表取締役主筆で、簡単にいえば総帥。政界にもニラミをきかせる存在でもあり、その発言力は衰えていない。

「野球はシロウトだけど、勝つことが大好き人間」

   担当記者の評である。かつて長嶋も王も監督時代に、「常勝」を求めるナベツネ語録にほんろうされた。

開幕は菅野でなくマイコラス

   2年目の高橋監督が現在その立場にある。

「化学反応」

   こんな球界には聞き慣れない単語を使って健闘を誓った。

「現有戦力、新戦力、若い力、それらの全ての力を化学反応させることで、選手とチームが成長、進化し続ける1年にできればと思っている」

   どう化学反応するかは今後の期待だが、オープン戦の勝率2割6分3厘は、ファンをやきもきさせる低い数字だった。

   29日に公示された一軍選手を見ると、補強の目玉だった山口俊投手(前DeNA)と陽外野手(前日本ハム)が調整不足で外れた。吉川投手(前日本ハム)は不安定で、かつてのMVPの面影がない。ドラフト1位もいない。

   開幕投手はマイコラス。エース菅野はWBCの疲れを理由に見送った。

   それでも専門家やメディアは「戦力は充実」と評価する。いい選手はそろっている、ということである。なかでもWBCで成長した小林捕手は注目の一人だ。

   フロントは大金を投じて戦力補強しているから、その対価として優勝を義務づける。ナベツネ氏の言う31日は開幕日のことで、その日に強さを見せてくれ、という至上命令なのだ。優勝を作り出す化学反応はドクター高橋監督の隠し球といっていい。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中