2019年 2月 19日 (火)

曙と相原勇「婚約破棄騒動」20年目の告白 「俺は別れたと伝えたつもりだよ」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   婚約破棄騒動から20年、タレントの相原勇(49)さんは元横綱で格闘家の曙太郎さん(47)との関係をTVや雑誌などで語り続け、曙さんは公言を避けてきた。そんな2人が面と向かい破局について口論をする番組が放送された。

   結局会話は噛み合わず、曙さんが激怒し席を離れるというシーンもあったが、この番組によって曙さんに対する認識を変える人が多くいて、掲示板には「2人は結婚しないでよかった」などと曙さん擁護のコメントが出る事になった。

  • 「結婚しなくてよかった?」(画像は曙太郎さんオフィシャルウェブサイトより)
    「結婚しなくてよかった?」(画像は曙太郎さんオフィシャルウェブサイトより)

世間では「最低な酷い男」と言われ続けた

   2人は1993年に大相撲特別番組の共演で出会い交際に発展、結婚は秒読みと言われていた。ところが、曙さんが1997年の5月場所で2年ぶりの優勝を果たしたあとのインタビューで、

「彼女(相原さん)に本当にかわいそうと思っているけれど、かわいそうだけでは結婚できない」

と結婚しないと語った。スポーツ紙は1996年12月に破局していたと報じた。ここから相原さんは曙さんに対する批判をことあるごとに展開しだした。その内容は、曙さんから別れようと言われたことはなく代理人から「結婚はもうない!」と言われた、というものから、曙さんに二股をかけられていた、性生活の暴露、といったものまで様々だった。

   そんな2人が破局について面と向かって初めて話をしたのはTBS系番組「今夜解禁!ザ・因縁」(17年3月31日放送)。実に破局から20年。曙さんは破局の原因は自分にもあり一生公言はしないつもりでいたが、相原さんがテレビなどで語ると、子供から「この女の人誰?」と何度も聞かれ家族の中に不穏な空気が流れ過去を責められ続けてきた。世間には「最低な酷い男」「相撲界に相応しくない」と強く批判する人もいる。もうここで本当の事を語り、20年続いた騒動にピリオドを打ちたい、と思ったからだと説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中