「仕事しろ」と言われ父親刺した41歳の息子  無職の中年めぐる殺傷事件相次ぐ

印刷

   仕事しないと叱った父親(75)を包丁で刺して死亡させたとして、神奈川県藤沢市在住の無職の男(41)が県警に逮捕された。いま、無職の中年をめぐる殺傷事件が相次いでいる。

   「日ごろから仕事をするよう言われて恨んでおり、いなくなればいいと思った」。新聞各紙によると、逮捕された容疑者は、県警の調べに対し、こう供述したという。

  • 40代で職がないとどうなる?(写真はイメージ)
    40代で職がないとどうなる?(写真はイメージ)

行政への引きこもり相談は40代が最多

   男は、母親(77)も含めて3人暮らしで、2017年4月3日夕、居間でテレビを見ていた父親の背中を包丁で1回刺したとして、殺人未遂の疑いで翌4日に緊急逮捕された。このとき、母親は入浴中だった。

   父親は、藤沢市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。藤沢北署では、殺人の疑いに切り替えて捜査している。自宅近くの警察署に自首した男は、包丁は2年ほど前に購入し、いずれ刺そうと思ったとも供述しているという。男は、生活保護を受けておらず、父親の年金などで暮らしていたらしい。

   最近、職のない中年が親を刺すなどする悲惨な事件が、度々報じられている。

   熊本市内では3月末、無職の男(37)が父親(68)を刺したとして殺人未遂の現行犯で逮捕された。逆に、親が刺すなどする事件も多く、秋田市内で4月5日、父親(70)が40代の息子を刺したとして同じ現行犯で逮捕されている。

   今回逮捕された男については、就職活動もしない引きこもりかどうかは不明だが、40代以上で引きこもるケースは社会問題になっている。

   「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」が17年1月22日に報告したところによると、行政への引きこもり相談は、40代が最も多かった。また、40代以上の61人の家族らに聞き取り調査を行った結果、引きこもりの平均は22年に及び、その半数が行政などの支援も途絶えていた。家庭内暴力も15人が挙げていた。

「資格や経験がないと、仕事の幅が狭まる」

   引きこもりの人も含めて、40代の仕事探し状況は、いったいどうなっているのだろうか。

   ハローワーク藤沢の業務次長は、J-CASTニュースの4月5日の取材に対し、次のように話す。

「仕事の相談に来られるのは、40代以上の人が3分の2を占めています。それ以下の人は、ネット上の求人情報などを活用されており、登録数は少ないですね。高齢になると、ハローワークを頼る傾向があるのだと思います。企業は求人で年齢指定できないことになっていますので、そのほとんどが『年齢不問』となっています。ですが、資格や経験を指定してきますので、そうしたものがないと、応募の枠は必然的に狭くなります」

   引きこもりの人については、こう言う。

 
「長期の失業者は仕事を得るのが難しく、相談してきたり実際に就職できたりするのは非常にまれですね。外出していないと、生活のリズムができていないので、朝起きられないということにもなってきます」

   藤沢市の地域包括ケアシステム推進室では、「親が行政などに相談してきたり、引きこもりの家族会に入ったりすれば、就職などの支援に結びつきます。しかし、そういうところにつながっていなければ、支援を届けるのが難しくなってしまうと思います」と話す。

   今回の事件については、ニュースのコメント欄などで、「悲しいな氷河期世代 」「40過ぎて職歴無しとかだったら、どうしようもない」といった声のほか、「この歳になって逆ギレとは幼稚すぎる」という指摘も出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中