2018年 7月 22日 (日)

八田與一像の頭部が切断される 台湾ダム建設に貢献した日本人技師

印刷

   台湾南部・台南市の烏山頭ダム付近で2017年4月16日、日本統治時代に同ダムの建設を指導した日本人技師・八田與一(よいち)の銅像の頭部が切断されているのが見つかり、地元警察が捜査を進めている。各メディアが報じた。

   八田は1930年、台湾中南部の嘉南平原に烏山頭ダムと総延長1万6000キロの用水路を完成させた。その後、干ばつに見舞われていた同平原は、台湾最大の穀倉地帯へ一変した。八田の命日にあたる5月8日には、毎年のように追悼の催しが開かれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中