地方創生相に復興相... 失言大臣の「共通点」とは

印刷

   安倍内閣の閣僚から、また失言が飛び出した。山本幸三・地方創生相が2017年4月16日に大津市内で行った講演で、文化財の振興をめぐり「一番のがんなのは学芸員」などと発言。批判が相次いだため、翌17日には発言を撤回、謝罪した。

   4月4日には、今村雅弘復興担当相が記者会見で、いわゆる自主避難者について「自己責任」だと述べた上、フリーの記者の質問に激高したばかり。2人とも「衆院7期目、初入閣」という点で共通しているが、それ以外にも、ある共通点がある。

  • 山本幸三・地方創生相は北九州市出身だ(写真は政府インターネットテレビから)
    山本幸三・地方創生相は北九州市出身だ(写真は政府インターネットテレビから)

2週間前に失言あったばかり

   山本氏は講演の中で、学芸員には文化財を観光資源として活用しようとするマインドがないとして、

「一番のがんは文化学芸員。この連中を一掃しないとだめですね」

などと発言。17日には、発言が「適切ではなかった」として撤回、謝罪した。

   その2週間ほど前の4月4日には、今村雅弘復興担当相による失言が問題になったばかりだ。今村氏は記者会見で、自主避難者への支援打ち切りについてフリー記者から「自己責任とお考えか」と問われ、「基本はそうだと思う」と発言。記者がさらに詰め寄ったため、今村氏は

「もう二度と来ないでください、あなたは!」
「こんなね、余分なね、人をね、中傷、誹謗するようなことは許さんよ、絶対」
「うるさい!」

などと激高して会見を打ち切り、会見場を後にした。

2人とも「当選7回、初入閣」

   山本氏も今村氏も衆院当選7回で、16年8月の内閣改造で初入閣した。自民党内には当選回数を重ねても入閣できない「待機組」と呼ばれる議員が60~70人いるとされ、この2人が「待機組」対策の一環として入閣したとの見方も根強い。

   山本氏は北九州市門司区生まれで、地元の福岡10区から当選している。一方の今村氏は佐賀県鹿島市生まれ。地元の佐賀2区を地盤にしてきたが、合区にともなう候補者調整で14年12月の衆院選は比例九州ブロックから出馬し、当選している。2人とも、主な選挙地盤が北部九州というわけだ。

民主党政権で失言した大臣も福岡出身

   今村氏が務めている復興相というポストは、不祥事が相次いでいることが知られている。前任者の高木毅氏(衆院福井2区)は、過去に女性宅に侵入して下着を盗んだと報じられたほか、自らが代表を務める支部が選挙区内の葬儀で香典を出していたとして公選法違反を指摘する声が出ていた(高木氏はいずれも否定)。復興相の前身にあたる、旧民主党政権時代の「東日本大震災復興対策担当相」では、松本龍氏が11年7月、岩手県の達増拓也知事に

「知恵を出したところは助けるけど、知恵を出さないやつは助けない」

と迫ったのに加えて、宮城県の村井嘉浩知事との面会では、村井氏が自分より後に部屋に入ってきたことに

「お客さんが来る時は、自分が入ってからお客さんを呼べ」

と立腹し、

「今の最後の言葉はオフレコです。いいですか、みなさん、いいですか、『書いたらもうその社は終わり』だから」

などと報道陣を脅したことが問題化し、辞任に追い込まれた。在任期間は、わずか9日間だった。松本氏は福岡市出身で、地元の衆院福岡1区を地盤にしていた。

   それ以外にも、失言が問題化した北部九州出身の閣僚がいる。麻生太郎財務相は3月24日の参院予算委員会で、共産党議員が質問する態度を「偉そう」と非難。野党が反発すると

「失礼だろ、それは。だからそうやって、ワンワン指差してやってんだから」

と、反撃していた。麻生氏は福岡県飯塚市生まれ、衆院福岡8区選出だ。

   2007年に「友人の友人はアルカイダ」と発言して問題になった鳩山邦夫元法相=2016年死去=は東京都生まれだが、晩年はブリヂストンの創業の地・久留米がある衆院福岡6区を地盤にしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中