2018年 11月 16日 (金)

「ガンダムまで言え!」 CM「燃え上がれ~」にツッコミ続出

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「あーイライラする!」「どれほどストレスになるか分からん」―――あるCMを巡ってツイッターや掲示板が「炎上」状態になっている。

   そのCMはアニメ「機動戦士ガンダム」の主題歌のアレンジ曲を使っていて、「も、え、あ、が、れ~もえあがれ~燃え上がれ~」と歌うのだが、次に来るはずの「ガンダム」部分を抜いているからだ。どうして抜いたのか、それでは「燃えて」いるのは何なのか、ネット上で詮索が始まると、歌っているUAさんにまつわる意外な事実までが掘り起こされてしまった。

  • LIFULLのプレスリリースより
    LIFULLのプレスリリースより

「ガンダム言わないってどういうこと?」

   「炎上」状態になっているのは不動産情報サービスのLIFULLが2017年4月3日から全国のテレビで放送を始めた新CM「スタート 母から息子へ」。同社プレスリリースによれば、笑顔あふれる幸せな暮らしを提供する同社の想いを訴求したものだという。人気急上昇中の俳優、村上虹郎(20)さんが春に都内の会社に就職した新サラリーマン役を演じ、村上さんの実の母でシンガーのUA(ウーア)さん(45)が「機動戦士ガンダム」の主題歌「翔べ!ガンダム」のアレンジ曲を歌っている。ところが、

「も、え、あ、が、れ~もえあがれ~燃え上がれ~」

と歌った後に、「ガンダム」の歌詞は無く、

「君よ~走れ~」

と続き、ガンダム部分を「飛ばした」形になっている。現在もシリーズが続いている超人気アニメというだけでなく、歌詞も超有名なため、この「ガンダム」部分が抜けていることについて違和感を覚える人が続出し、

「燃え上がれ燃え上がれ燃え上がれ...の後にガンダムがこない事がどれほどストレスになるか分からんのかあのCMは」
「見るたびに毎回『ガンダムまで言え!』つって怒鳴りつけてやっとるから安心しろ!」
「カバーするにも最低限のリスペクトが必要だろ 翔べガンダムってタイトルでガンダム言わないってどういうこと?」

などといったことがツイッターや掲示板に書き込まれ現在も「炎上」状態になっている。

   なぜ「ガンダム」を抜いたのか、ネット上で議論が起こり、楽曲の使用許可は取っているが「ガンダム」自体とタイアップしていないため歌えなかったのではないか、「ガンダム」と歌えばキャラのイメージが強すぎてCMのイメージが狂うからではないのか、といった意見が出た。それでは何が「燃え上がって」いるのか、という議論もあり、母親が息子に対し「仕事に燃えろ!」というメッセージではないか、などが出たが、こうしたことが掲示板に書き込まれた。

「UAて自宅全焼しなかった?」

7年前にUA親子の自宅が全焼していた

   スポーツニッポンが10年9月26日にネット配信した記事によれば、相模原市緑区名倉のUAさんの自宅が25日、火災で全焼した。25日の未明1時40分ごろにまきストーブから出火し、UAさんと夫、村上さんら家族6人が就寝中だった。「パチパチ」という音でUAさんが目覚め発見し、すぐに近隣の陶磁器工房に避難したため全員無事だった、という事だった。これを知っている人は、

「(UAさんのCM曲は)すげー自虐だなーと思って聞いてたわ」

などという感想を掲示板に書き込んだ。また、この時期に「翔べ!ガンダム」を使うのは不謹慎だと考えている人も多い。というのも、「翔べ!ガンダム」の編曲者で、「機動戦士ガンダム」の伴奏音楽を多数作曲した松山祐士さん(享年79) の東京都練馬区の木造2階建て自宅(東京都練馬区)が17年4月7日16時30分頃に火事になり、焼け跡から病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。こうしたことから松山さんとCMを結び付け、

「クソCMに捨て身の抗議か。絶望したんだろうな」

などといったことも掲示板に書き込まれることになった。

   そんなこんなでこのCMは様々な波紋を広げているわけだが、J-CASTニュースが4月17日昼過ぎにLIFULLに対し、なぜ「ガンダム」部分が歌われなかったのか、自宅が全焼したUAさんをなぜCMに起用したのかを問い合わせているが、

「回答には時間がかかると思います」

ということで、18日13時30分まで回答は得られていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中