共同通信記者、取材断られ民家を蹴る 上司と共に住人に謝罪

印刷

   千葉県松戸市で、ベトナム国籍の女児が遺体で見つかった事件で、共同通信社(東京都港区)の20代の男性記者が、取材を断られた民家の門柱付近を蹴っていた。2017年4月18日、J-CASTニュースの取材に応じた共同通信社総務局が明らかにし、記者と上司が17日に民家を訪れて住人に謝罪したとこたえた。

   同社総務局によると、男性記者は15日10時頃、松戸市の事件で周辺の聞き込み中、インターホン越しに取材を申し込んで断られ、門柱付近を蹴った。

   その家に住む人のものとみられるツイッターに、取材後に足蹴りする男性記者の動画が公開されたため、同社が社内調査を行った結果、記者が自ら名乗り出たという。

   動画の投稿者は17日夜、同社の対応に「真摯に謝っておられましたし、社としての打撃もありますから私としては寛容な処分を祈るのみです」とツイッターに書き込んだ。動画は既に削除されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中