2018年 11月 17日 (土)

共同通信記者、取材断られ民家を蹴る 上司と共に住人に謝罪

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   千葉県松戸市で、ベトナム国籍の女児が遺体で見つかった事件で、共同通信社(東京都港区)の20代の男性記者が、取材を断られた民家の門柱付近を蹴っていた。2017年4月18日、J-CASTニュースの取材に応じた共同通信社総務局が明らかにし、記者と上司が17日に民家を訪れて住人に謝罪したとこたえた。

   同社総務局によると、男性記者は15日10時頃、松戸市の事件で周辺の聞き込み中、インターホン越しに取材を申し込んで断られ、門柱付近を蹴った。

   その家に住む人のものとみられるツイッターに、取材後に足蹴りする男性記者の動画が公開されたため、同社が社内調査を行った結果、記者が自ら名乗り出たという。

   動画の投稿者は17日夜、同社の対応に「真摯に謝っておられましたし、社としての打撃もありますから私としては寛容な処分を祈るのみです」とツイッターに書き込んだ。動画は既に削除されている。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中