2018年 9月 24日 (月)

最年少棋士・藤井四段、羽生3冠に勝利 公式戦では13連勝中

印刷

   将棋の史上最年少プロ棋士・藤井聡太四段(14)は、2017年4月23日に放送されたインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」の番組で、非公式戦ながら羽生(はぶ)善治3冠(46)を111手で破った。

   藤井四段は、史上最年少の14歳2か月でプロ棋士となり、デビュー後の公式戦で4月17日に連勝記録を13に更新したばかりだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中