小林麻央が「鼻にチューブ」写真 海老蔵「私なりの考えがある」

印刷

   乳がんで闘病中の小林麻央さん(34)が2017年4月24日のブログで、病院のベッドで横たわり鼻にチューブを入れている写真を公開した。

   22日に再入院したことを報告し、治療を続け「貧血が改善した」と綴っているものの、入院はしばらく続きそうだ。

  • 「息苦しさが軽減しました」
    「息苦しさが軽減しました」

「まおのもとへ 元気をあげられれば、、」

   「ひとつクリア!」と題した24日のブログでは、再入院した22日、翌日の23日に輸血、点滴をし、痛み止めの薬の量を増やしたことで息苦しさが軽減した、と書いた。輸血が終わったら退院、と考えていたのだけれど炎症が強く、抗生剤などの点滴をもう少し続けなければならないそうだ。

「貧血が改善したので、次は、身体の中の炎症を抑える。ひとつひとつクリアしていこう!」

と気丈さを見せた。アップした写真は病院のベッドで横たわり鼻にチューブを入れている。

   夫の市川海老蔵さん(38)は25日午後、自身のブログに投稿した記事で、車で病院に向かうとし、

「まおのもとへ 元気になり 元気をあげられれば、、」

と綴った。そして、

「今日私なりの考えがあるんです」

と意味深な言葉で結んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中