2020年 8月 16日 (日)

「エリア88」ファンにショック 新谷かおる休筆宣言の深層

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「エリア88」などの作品で知られる漫画家の新谷かおるさん(66)が、いったん筆を置くとツイッター上で表明した。残した足跡は大きいだけに、ほかの漫画家から感謝の言葉が次々に寄せられている。

   新谷さんは、1972年にデビューし、「宇宙戦艦ヤマト」などで知られる松本零士さん(79)のアシスタントも務めた。

  • 反響を集めた新谷かおるさんのツイート
    反響を集めた新谷かおるさんのツイート
  • 反響を集めた新谷かおるさんのツイート

「一休みしてから新しい事に向かいます」

   78年から週刊少年サンデー増刊号で連載を始めた「ファントム無頼」で、一躍注目を集める。翌79年には、傭兵部隊に入ったパイロットの活躍を描いた「エリア88」を少年ビッグコミックで連載し、人気漫画家となった。81年に週刊少年サンデーで連載を始めた「ふたり鷹」もヒットし、84年にはテレビアニメ化されている。

   戦闘機などのメカの描写を得意にする一方、少女漫画に影響を受けた繊細な人物描写でも評価されている。

   2011年からは、月刊コミックフラッパーで「クリスティ・ロンドン マッシブ」を連載しているが、17年4月26日夜、ツイッター上で前日に最終回を脱稿したとして、こうつづった。

「これで漫画家として、一旦筆を置きます。そして今日は66歳の誕生日。一休みしてから新しい事に向かいます。長い間、ありがとうございました」

   このツイートで、新谷さんが漫画家を引退するのではといった憶測も出て、ネット上で波紋が広がった。

   「これはショック お疲れ様でした」「エリア88は好きだったなぁ」「レジェンドの一人だから筆置くのは寂しい」...

   これを最後に、新谷さんが引退するということはあるのだろうか。

   KADOKAWAの月刊コミックフラッパー編集部の担当者は4月27日、J-CASTニュースの取材に対し、次のように説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中