元横綱・佐田の山死去 優勝6回、相撲協会理事長も

印刷

   大相撲の第50代横綱・佐田の山で、日本相撲協会理事長を務めた市川晋松さんが2017年4月27日に肺炎のため亡くなった。79歳だった。

   長崎県出身。1956年初場所に初土俵を踏み、61年夏場所に平幕で初優勝を果たした。その後65年に横綱となり、6度の幕内優勝を飾った。

   引退後は出羽海部屋の親方となり(後に年寄「境川」に名跡変更)、後進の育成に励んだ。92年からは日本相撲協会の理事長を3期6年務め、06年に相撲協会を定年退職した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中