iPhone販売が微減 新機種発表前の「買い控え」響く?

印刷

   米アップル社が2017年5月2日(現地時間)に発表した17年1~3月期決算は、売上高が前年同期比約3%増の528億ドル(約5兆9200億円)、純利益が5%増の110億ドル(約1兆2300億円)だった。決済サービス「アップルペイ」や音楽配信サービスが好調だった。

   一方、iPhone(アイフォーン)販売台数は前年同期比1%減の約5080万台。中国での販売が不調だったのに加えて、17年中に新型機種が出るとの見方があることから「買い控え」が起こっている可能性も指摘されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中