アダルトサイト検索で「モーツァルト」出現 「訳がわからない」とネット騒然

印刷

   「謎過ぎて草」「モーツァルト死後にこんな仕打ち受ける為に作曲した訳じゃないのに」――。

   ある検索ワードを入力すると、「予想外すぎる」検索候補が表示されるとして、ネット上で話題となっている。

  • モーツァルト(WikimediaCommonsより)
    モーツァルト(WikimediaCommonsより)
  • 【画像】実際の検索画面
    【画像】実際の検索画面

「生前変態だとこういうことになるのか」

   発端は2014年9月、あるツイッターユーザーが「DMMアダルト=モーツァルト」とのつぶやきとともに投稿した画像だ。

   画像は、グーグルで「dmmアダルト」と検索した際のキャプチャーで、検索候補には「モーツァルト」が並んでいる。

   これは「オートコンプリート」とよばれる、検索時に入力した語句の関連ワードを表示してくれる便利な機能だ。検索キーワードの人気度や新しさなどさまざまな要因にもとづいて表示されるが、今回の「候補」は一見すると関連性が不明である。

   その後も、ツイッターなどで同様の「報告」が定期的に寄せられ、17年5月5日にまとめサイトで取り上げられると一気に拡散。ネット上では、

「こんなん笑うわ」
「もう訳がわからない」
「予想の斜め上いってた」

と、大盛り上がりとなる。

「生前変態だとこういうことになるのか」
「俺のケツを舐めろって曲作ったりコイツdmmアダルトよりはるかに変態なんだよなぁ・・・」
「dmmアダルトにreview投稿しとる人にモーツァルトさんが居るのが原因っぽい。レビュアーランキング 8728位やけど」

と予想合戦も勃発するが、「答え」は明らかになっていない。

   実際に記者が、グーグルで「DMMアダルト」と検索してみても、やはり「モーツァルト」が候補にあがった。「DMMあ」の段階では、「dmmアフリカ」「dmmアカデミー」と満足できる結果となったが、「DMMあだ」まで入力すると、「モーツァルト」が登場してしまう。なお、ヤフー検索では表示されなかった。

専門家の見解は...

   では、なぜこうした事態が起きているのか。

   ウェブマーケティング支援を行うFaber Company(東京都港区)の取締役をつとめる副島啓一氏は5月10日、J-CASTニュースの取材に対し、

「可能性として、以下2点が挙げられます。1つが、トレーディングカードゲーム『デュエル・マスターズ』の略称である『DM』と、それに登場するカード『モーツァルト』を組みあわせた『DM モーツアルト』の共起性からレコメンドされた可能性です。2つ目が、モーツァルトの正式名である『ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト』のアマデウス(Amadeus)の部分を打ち間違えた「Dmmadeus」が同様に検索されているためだと考えられます」

と指摘する。

「今回の『アダルト』など一部のキーワードは、レコメンドされないケースがあります。それもこのような関連性の無いものが表面化してしまった要因のひとつかもしれません」

とも話す。

   ヤフーで表示されなかった件については、実際の仕組みや表示方法は各検索エンジン毎にブラックボックスになっているものの、ヤフーとグーグルでは検索の仕組みが異なっているため、とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中