2018年 6月 21日 (木)

ベビーカー使用者への理解と協力求め 国交省、5月をキャンペーン期間に

印刷

   国土交通省は2017年5月1日から1か月間、公共交通機関などでベビーカーを利用しやすい環境作りに向け、ベビーカー使用者及び周囲の理解を深めるためのキャンペーンを実施している。

  • ベビーカーマーク見覚えありますか?(国土交通省発表資料より)
    ベビーカーマーク見覚えありますか?(国土交通省発表資料より)

ベビーカーマークの周知を

   同キャンペーンは、国交省が「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」を設置し、ベビーカー使用者やその周囲にいる人に対する要望として発表した「ベビーカー利用にあたってのお願い」と、ベビーカーを畳まなくても利用できる鉄道やバスの車両スペース、エレベーターを示す「ベビーカーマーク」を決定した2014年3月に始まった。

   今回は鉄道事業者39社、バス事業者1879社、各種団体、旅客船、空港、商業施設などが協力。「ちょっと気づかう、そっと見守る」という標語を掲載したポスターの掲示や、事業者ごとに貸出用ベビーカーの台数増加やベビーカー専用スペースの設置といった具体的取組も実施している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中