小林麻央「恐れていた姿に近い身体」に泣く 「精神力までは痩せ細ってない」

印刷

   乳がんで闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)が、病気で痩せた自分の身体を見て泣いてしまったことをブログで明かした。

   それでも「涙を流していてもどうしようもない」と、痩せてしまった分を取り戻そうとしているのか、看護師も驚くほどの食欲をみせている。

  • 小林麻央さん「泣いてしまいました」
    小林麻央さん「泣いてしまいました」

「涙を流していてもどうしようもない」とほぼ完食

   2017年5月21日夜に更新されたブログは「痩せる」と題され、冒頭から

「今朝は、着替えるときに、裸で鏡の前に立ってみると、 私が恐れていた姿に近い身体が写っていて、一瞬衝撃を受けたあと、泣いてしまいました」

と、病気の痛々しさが伝わる心境が書きこまれた。しかし、「涙を流していてもどうしようもない」と前向き思考をみせ、最近の「至福」である豆乳ココアを飲んで心を落ち着かせたと綴った。

   その後、長女・麗禾ちゃんと長男・勸玄くんの写真や動画を見ながら「一生懸命」食べ、お粥以外完食することができたと報告。これには看護師さんも驚いて拍手を送ってくれたといい、その後

「精神力までは痩せ細ってないです!!」

と力強く綴った。

   また、5月11日に手術の報告をしていた、鎖骨下の血管に埋め込んだ「点滴用のポート」についても触れ、

「毎日 水分、高カロリーの点滴ができて、安定しています」

と順調な様子を伝えた。

   文末には子供たちの写真を掲載し、

「三分粥食のおかずやスープを頂いていると、麗禾や勸玄に作っていた離乳食を思い出してきます」

と回想し、「私もここからまた成長し直す気持ちでいます」と回復を誓った。

海老蔵、手製の鶏肉野菜スープ

   麻央さんは翌22日朝にもブログを更新し、最近の日課について語った。

   今回滞在している病室は「緑しか見えず、それが、とても贅沢」で、窓から差し込む朝日と相まって「森林浴の気分になれます」という。

「入院した当初は外を見る余裕がありませんでしたが、 ここ最近は、朝の4時~5時に、お薬を飲むために起きるのを活用し、 その時、カーテンを開けてからまた眠ります。 乳がんと朝日はとても関係が深く、朝日を浴びることがとても大切だそうです。明け方カーテンを開け、眠り、朝日を浴びながら再び起きるのが今できる私流です」

   とはいったものの、「正しいかは分からないので、目が覚めたとき心地よいだけです」と、あくまで「私流」であるとし、「必要な情報、大事な情報は必ず御自身で確認して下さいネ」と読者に呼びかけた。

   その後、続けてブログを更新し、「いただきます!!」と朝食の写真を掲載した。現在の主食である三分粥と具の無い味噌汁、ペースト状や軟らかい食感の副菜などが並ぶ。痩せてしまった分を取り戻そうとしているのか、

「梅があると三分粥がすすみます!」

と食欲をのぞかせた。

   夫の市川海老蔵さん(39)も同日朝にブログを更新。痩せたことを気にする麻央さんを案じ、

「タンパク質も少し溶かして届けばいいなぁ~」

と、お手製の「鶏肉野菜スープ」を差し入れする考えを記した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中