2018年 10月 23日 (火)

「スマホ老眼」の予備軍多数 ユーザー調査

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ファンケルは、20~40代のスマートフォン利用者の男女500人を対象に「現代人のスマホとの付き合い方に関する意識と実態」調査を行い、2017年5月23日にその結果を発表した。

    スマホを1日中手放さない利用者が多く、長時間使用により体への影響を感じているという割合は8割を超えた。同社は「スマホ老眼」の予備軍が多数いる実態が浮き彫りになったとしている。

ファンケルが20~40代男女対象に実施

   調査は2017年3月10日から16日の間にインターネットを通じて実施。事前調査で「平日あるいは休日にスマホを1時間以上利用している」と回答した20~40代の男女500人を対象にした。性別、年代別に均等割付した。

   回答者らの多くにとっては、スマホをさんざん使った1日の終わりになってもなかなか手放せず「ふとんにもぐりこんだら、眺めるのが寝る前の日課」という人が63%。

   長時間使用による体への影響を感じている人も多いようで、「スマホ」を見ていて目の疲れを感じた経験がある人は83%と8割を超えた。具体的には「目がしょぼしょぼして疲れがたまっているような気がする」(37歳男性)「時間がある時はついスマホを見ているので、常に目が疲れている」(22歳女性)などの声が寄せられた。

    近年、スマホなどの携帯端末やパソコンの画面を見続けることで一時的に目の焦点が合いづらくなったり、目がかすんだりする現象を訴える人が増え、こうした現象は「スマホ老眼」とも呼ばれている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...