小林麻央、顎にがん転移 海老蔵「日々戦ってる」

印刷

   歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)が2017年5月28日に行われた歌舞伎座「七月大歌舞伎」の取材会見で、乳がんで闘病中の妻・小林麻央さん(34)の近況について明かした。

   麻央さん自身は5月26日、登録読者向けに「顎」(あご)と題した限定ブログを投稿し、がんが顎に転移したことを告白しており、海老蔵さんは、そのことについても「色々な状況がやはりこう、一進一退、日々ある」と語った。

  • 海老蔵さん「日々戦ってる」(2016年6月撮影)
    海老蔵さん「日々戦ってる」(2016年6月撮影)

ブログに声援「祈ってます」7000件

   海老蔵さんは会見のなかで、麻央さんについて、

「もうね、色々、本当に日々戦ってまして。あごのこととか色々ありますけど。そういうなかでも、栄養を取って免疫をあげていくということが今、ひとつね、やらなくちゃいけないこと。大きな病気ですし。色々な状況がやはりこう、一進一退、日々あるわけで。やはりその、粛々と未来を見据えて、『私は頑張って生きる。そして、必ず治るように努力をする』というような『心の強さ』。これはやはりその、我々家族は、学ばされてますね日々」

と語った。

   がんの転移を告白した麻央さんのブログには、「祈ってます」など7000件近くの声援やコメントが寄せられている。

   海老蔵さんは29日朝に更新したブログでも、麻央さんの見舞いに出かけることを報告している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中