2018年 11月 21日 (水)

巨人は広島のATMだよ 1勝10敗とは誰も想像できなかった

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   巨人が広島にコテンパンにやられている。2017年5月28日までに11試合戦って1勝10敗。まさに「鯉(カープ)のエサ」だ。

  • 東京ドームで広島に3連敗が2回もある(本文と写真は直接関係ありません)
    東京ドームで広島に3連敗が2回もある(本文と写真は直接関係ありません)

得点、本塁打は広島の半分

   巨人の高橋監督は不機嫌だった。延長10回、2-3で負けた28日の試合を振り返ったコメントは厳しかった。

「3、4、5番が打てないんだもの」

   なんとか保っていた勝率5割を切ったこともあるけれども、11回戦って1試合しか勝てない情けなさが強かったと思う。

   一方、広島の緒方監督は落ち着いた口調だった。

「一丸となって勝ったゲームだね」

   巨人が広島に対してこれだけ叩かれるというのは珍しい。しかも内容は悲惨である。

   ・得 点 広島75(1試合平均6.8) 巨人38(3.5)

   ・安 打 広島113(10.3) 巨人74(6.7)

   ・本塁打 広島13(1.2) 巨人7(0.6)

   得点、本塁打をみると、巨人はおよそ半分でしかない。失点を振り返ると嫌になるほどの差だ。11点2試合、9点3試合、8点と7点もある。巨人の得点は6点と5点が2試合ずつあるけれども、あとの7試合は0、1、2ばかり。

   投打とも話にならないくらい差がついている。

巨人は広島のATMだよ

   巨人の1勝は敵地広島で挙げたもので、本拠地の東京ドームでは3連敗2度。失点48は総失点の6割を超えている。

「地元ファンの前で恥をさらしてしる」

   巨人OBが苦笑するほどである。

   ホームランでは広島のエルドレッドに6本も打たれている。現在13号だからその半分ほどを巨人投手陣が提供というから驚く。

「巨人戦がなかったら広島は今頃、勝率5割あたりでウロウロしていただろうね。巨人は広島のATMだよ」

   こんな声もあるほどだ。

   高橋監督にとって今シーズンは優勝が至上命令。クビをかけた年である。それなりに補強したけれども、まともに働いているのはマギーぐらい。この外国人のバットがなければBクラスでもっと苦戦していたに違いない。

   5月は大相撲人気に隠れていたが、夏場に向かってこのままでは巨人への風当たりが強くなるだろう。それにしても巨人が鯉のエサになるとは想像もしなかった出来事である。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

 
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中