宮里藍「パターがイップスみたいに」 引退の真因はグリーン上の不振

印刷

   女子プロゴルフの宮里藍(31)が2017年5月29日、東京都内で記者会見を開き、今季限りでの現役引退を決断した経緯を語った。

   苦悩が襲ったのは2012年シーズン。米国ツアーに本格参戦を始めて7年目ながら、目標としていた米国メジャー大会では未勝利だった。宮里は、得意だったパターが「イップスみたいになってしまった」と振り返った。

  • 引退会見を開いた宮里藍
    引退会見を開いた宮里藍
  • 笑顔で話す場面も多かった
    笑顔で話す場面も多かった
  • 退場前最後のあいさつでは目に涙を浮かべた
    退場前最後のあいさつでは目に涙を浮かべた
  • 父・宮里優さんが報道陣の取材に応じた
    父・宮里優さんが報道陣の取材に応じた

「モチベーションの維持が難しくなった」

   18歳だった03年、史上初の女子高校生プロゴルファーとなった宮里は、06年から米国に拠点を移した。09年にエビアン・マスターズで米ツアー初勝利をあげて以降、コンスタントにツアー勝利をつかんできた。宮里が「一番自信があった時期」というのがこの09~12年だが、最も権威ある米メジャーでの優勝は果たせなかった。

   宮里は「モチベーションの維持が難しくなったのが引退の一番の決め手」と話した。メジャー大会で優勝できずに終わった12年シーズン、メンタルコーチに相談した。「いろんな選手にそういう(モチベーションが低下する)時期はあるから、戻せるように努力しよう」という話でまとまったが、「戻ってこなかった。自分と向き合えない。トレーニングでも自分を追い込めない。プロである以上結果を残したい。でも自分が理想とする姿はなかった」と苦しんだ。

   不振に陥ったこの時期、「パターがイップスみたいになってしまった」という。「イップス」とは一般に、アスリートが集中すべき局面で極度に緊張し、思い通りのプレーができなくなる状態をいう。「どうすれば立て直せるか分からなかった」とも明かした。

   日米のツアーで何度も優勝し、10年には世界ランキング1位も経験した宮里だが、活躍できた要因は自身も「得意だった」と認めるパターの正確さだ。

「米ツアー参加選手の中では体格は恵まれていないしパワーもないので、ショットの精度と小技で勝負してきた。メンタルトレーニングも加わり、それらが土台となって戦えた。ゴルフの良いところは必ずしも体格の差がハンディにならないこと。自分をコントロールし、自分のゴルフを信じてやってきた」

リオ五輪でツアーが中断に入り「気持ちを整理できた」

   この日、囲み取材に応じた父・宮里優氏も「藍は小柄でもパッティングで、グリーンの上で勝負ができた」と振り返っている。

   それが入らなくなった。ゴルフ総合情報サイト「GDO」によると、宮里の1ラウンド(18ホール)あたりの平均パット数は17年5月現在、29.72打で米ツアー参加選手の中で77位。1位のステファニー・メドウ(北アイルランド)は27.75打で、約2打差ある。これが1回のツアーの4日間続いたらパッティングだけで約8打差つくことになる。

   宮里は13年以降ツアー優勝から遠ざかり、引退を決断したのは16年夏だった。

「リオデジャネイロ五輪のため3週間ほど休みの時期が続いた。プロになってからこんなに試合が無かったのは初めてだった。今までは試合があると自分と向き合っていられる時間がなかったが、ここで自分の気持ちを整理できた」

   宮里自身が引退を胸に秘めて臨んだ17年シーズンだが、5月の日本ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」では6位タイに入った。不振が続いていた中で周囲にも復活を予感させた。しかし宮里は「今季限りという期間を設けたから頑張れている。期間限定。プロとして戦い続けるのは難しい」と引退の意思は揺らがなかった。

   今後どんな道に進むかはまだ決めておらず「今季頑張ってから、やり抜いた先に見えてくる自分の思いを大事にしたい。選手としても感覚派なので、終わってからも感覚を大事にしたい」と話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中