2018年 9月 26日 (水)

ノリエガ将軍死去 83歳 パナマの独裁者

印刷

   中米パナマの元最高指導者で独裁者として知られたマヌエル・アントニオ・ノリエガ・モレノ氏(通称ノリエガ将軍)が2017年5月29日に死去した。83歳だった。各紙が報道した。

   1983年、パナマ軍最高司令官に就任。元々はCIA(米中央情報局)協力者だったとされるが、リビアやキューバともつながり、隣国コロンビアの麻薬組織とも結びついて、パナマから米国へコカインなどを密輸。89年、米軍のパナマ侵攻で拘束され、麻薬密輸罪でマイアミで服役していた。

   刑期を終えた後はパナマに戻っていたが、2017年3月に脳腫瘍の手術を受け、重体と報じられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中