ノリエガ将軍死去 83歳 パナマの独裁者

印刷

   中米パナマの元最高指導者で独裁者として知られたマヌエル・アントニオ・ノリエガ・モレノ氏(通称ノリエガ将軍)が2017年5月29日に死去した。83歳だった。各紙が報道した。

   1983年、パナマ軍最高司令官に就任。元々はCIA(米中央情報局)協力者だったとされるが、リビアやキューバともつながり、隣国コロンビアの麻薬組織とも結びついて、パナマから米国へコカインなどを密輸。89年、米軍のパナマ侵攻で拘束され、麻薬密輸罪でマイアミで服役していた。

   刑期を終えた後はパナマに戻っていたが、2017年3月に脳腫瘍の手術を受け、重体と報じられていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中