2018年 10月 20日 (土)

甘さとヘルシー両立のデパ地下スイーツ 高島屋が21和洋菓子店で販売

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   甘~いスイーツはガッツリ食べたいけど、太りたくない――。そんな身勝手女子にピッタリのスイーツを高島屋と三井製糖が共同開発、2017年5月31日から東京・横浜の高島屋のデパ地下で販売している。

   糖分の「量」はそのままだから、本来の美味しさもそのまま。工夫したのは糖分の「性質」。糖分がゆっくり吸収される「スローカロリー」という考え方で太りにくくしているという。

  • 金時米菓のどら焼きと大福(高島屋の発表資料より)
    金時米菓のどら焼きと大福(高島屋の発表資料より)
  • ブールミッシュのショートケーキ(高島屋の発表資料より)
    ブールミッシュのショートケーキ(高島屋の発表資料より)

ゆっくり吸収の「スローカロリー」糖分を使用

   高島屋と三井製糖の発表資料によると、「スローカロリー」とは「ゼロカロリー」でも「ローカロリー」(低糖質)でもなく、糖分が小腸で消化・吸収される速度がスロー(ゆっくり)であることだ。砂糖などは、小腸上部で素早く吸収され、脂肪として蓄えられやすい。しかし、スローカロリーは小腸全体でゆっくり吸収されるため、少しずつエネルギーに変わり、脂肪になりにくい。三井製糖が開発したスローカロリーの糖質「パラチノース」は、自然界ではハチミツに含まれる糖分をもとに商品化した。砂糖とカロリーは同じ、甘さは2分の1でスッキリした味わいだが、小腸で消化される時間が5倍も長い。

   高島屋のデパ地下では、計21の和洋菓子店が砂糖の代わりにパラチノースを使用して作ったスイーツ類を販売している。

【和菓子】
青柳正家/榮太樓總本鋪/巌邑堂/金時米菓/しろ平老舗/旬月神楽/引網香月堂/吉村和菓子店/両口屋是清

【洋菓子】
アンリ・シャルパンティエ/ゴンチャロフ/シェ松尾/ノリエット/ブールミッシュ/マ・プリエール/モロゾフ/ユーハイム/馬車道十番館/ラ・マーレ・ド・チャヤ/リュー・ド・パッシー/ロイスピエール

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...