「エアレース」千葉大会、室屋選手がV2 総合順位ではトップに

印刷

   「空のF1」と呼ばれるプロペラ飛行機のレース、「レッドブル・エアレース」世界選手権の第3戦となる千葉大会の決勝が2017年6月4日、千葉市美浜区の幕張海浜公園で行われ、大会に出場している唯一の日本人パイロット、室屋義秀選手(44)が大会連覇を果たした。

   室屋選手は米カリフォルニア州サンディエゴ大会での第2戦に続く今季2勝目で、年間の総合順位でトップに躍り出た。

   6月3日の予選を4位で通過した室屋選手は、1回戦「ラウンドオブ14」と準決勝「ラウンドオブ8」を勝ち抜き、4人で争う決勝戦「ファイナル4」に進出した。決勝戦では1番手でスタートし、55秒288の好タイムで勝負を制して5万5千人の大歓声に応えた。世界選手権は全8戦で行われる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中