高橋真麻、金塊事件解説で突如「おっぱい」 片方1キロ、重さを明かす

印刷

   フリーアナウンサーの高橋真麻さん(35)が、テレビ放送の中で自身の「おっぱい」について「片方1キロ」と明かし、スタジオをざわつかせた。真麻さんは、その巨乳ぶりで知られている。

   番組での話題は、主婦らによる金塊密輸事件だったのだが、なぜか真麻さんが「私、おっぱいが...」と突然、語り出したのだ。

  • 高橋真麻さん(2016年5月撮影)
    高橋真麻さん(2016年5月撮影)

「2キロでも肩凝るんですよ」

   2017年6月6日昼、トークバラエティ「バイキング」(フジテレビ系)に出演した真麻さんは、主婦ら5人が金塊を密輸したとして逮捕された事件の解説の一環で、10キロの重りをつけたベンチコートを着せられた。主婦らは金塊10キロをタンクトップなどに隠していたのだ。

   コートを羽織った真麻さんは、「重い!かなりきます。これ、歩けない」としゃべりつつ、多少よろよろとしながら、歩き始めた。ほどなく歩くのをやめた真麻さんは、「私、おっぱいが片方1キロなんですけど...2キロでも肩凝るんですよ」と突然、解説を始めた。2キロの乳房でも肩が凝るのだから、10キロも余分な重さを身に付けると大変だ、ということを言いたかったようだ。2キロは、水2リットル入りペットボトル約1本分で、10キロなら約5本分となる。

   突然の乳房重量の告白にスタジオはざわつき、MCの坂上忍さんは、金塊事件そっちのけで「量ったことあるの!?」と質問。真麻さんが「あまりに重くて、夜、台所で量ったことあるんですけど」と答えると、坂上さんは「何やってるの?!」とあきれていた。

Fカップの平均「約1キロ180グラム」(両胸)

   真麻さんの巨乳ネタは、ある意味定番で、様々な番組で取り上げられたり、自身から話題にしたりしている。それにしても、「両方の胸で2キロ」とは、平均と比べ、どの程度重いものなのか。

   通信販売事業などを行う「テレビショッピング研究所」(東京都大田区)が2016年6月30日に発表した調査結果によると、ブラジャーサイズがFカップの女性の平均で「約1キロ180グラム」(両胸、以下同)だった。もっとも個人差があり、Fカップで2キロの人もいた。たとえばAカップの平均は「約326.3グラム」、Dカップ「約758.8グラム」だった。調査は、胸のサイズの異なる20~40代の女性計46人を対象に実施したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中