2018年 12月 20日 (木)

エスペラント語を話すヒロイン 美少女ゲームで利用者も「一緒に学習」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   国際共通語を目指して考案された人工言語の「エスペラント」を、物語の根幹部分に取り入れた異色の美少女ゲームが登場した。言語監修に協力したのは、一般財団法人「日本エスペラント協会」だ。

   なぜ、美少女ゲームにエスペラントを取り入れようと考えたのか。J-CASTニュースは、作品のシナリオを担当したライターのJ-MENTさんにその狙いを聞いた。

  • ゲームを通じてエスペラントを学習できる(画像はハブロッツ提供)
    ゲームを通じてエスペラントを学習できる(画像はハブロッツ提供)
  • 「ことのはアムリラート」メインビジュアル(同)
    「ことのはアムリラート」メインビジュアル(同)
  • 主人公が覚えた単語はゲームに反映される(同)
    主人公が覚えた単語はゲームに反映される(同)
  • 異世界キャラクターとの会話はエスペラントで(同)
    異世界キャラクターとの会話はエスペラントで(同)

「よく知る地元の風景そっくりなのに、日本語が通じない世界」

   ゲームのタイトルは『ことのはアムリラート』。かわいらしい女性キャラクター同士の恋愛を描く「純百合アドベンチャー」をうたっている。2017年8月25日発売予定で、価格は通常版で3800円(税別)だ。

   ストーリーは、主人公の女子高生・凛が「よく知る地元の風景そっくりなのに、日本語が通じない世界」へと迷い込む場面から始まる。この異世界で使われている言語は「ユリアーモ」。この異世界語のモチーフとなっているのが、エスペラントなのだ。

   主人公の凛は異世界で出会ったヒロインのルカと意思疎通を図るため、必死になって「ユリアーモ」(エスペラント語)を学習していく。ゲームの最大の特徴は、プレイヤーも凛と一緒になって「異世界の言葉を学んでいく」システムだ。

   作中で異世界キャラクターのセリフとして表示される「ユリアーモ」は、初期状態では和訳が出ない。物語の中で凛が言葉を理解できないのと同様に、画面の前のプレイヤーもキャラが話すセリフの意味が分からない仕様になっている。

   物語の合間に挿入されるミニゲーム形式のクイズなどを通じて、凛が「ユリアーモ」の言葉を学習すると、覚えた単語の和訳がゲーム画面上にも表示される。つまりは、プレイヤーと凛が同じ目線に立って、異世界で意思疎通を図るために言葉を学んでいくシステムになっているのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中