2018年 10月 17日 (水)

小出恵介番組インタビュー別刷りで朝日新聞「おわび」 一部地域で配達、記事は取り消し

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   未成年女性との飲酒などで無期限活動停止となった俳優の小出恵介さん(33)主演のNHKドラマが急きょ放送中止になったことが飛んだ余波を生んだ。ドラマについてインタビューした朝日新聞の別刷り特集が2017年6月10日、一部地域で配達され、同紙は紙面で「おわび」し、記事を取り消した。

   この別刷り特集は、テレビの週間番組表などを載せた別刷り「beテレビ」。そのフロント面で、小出さんの全身写真を載せ、ドラマへの意気込みなどを記事で紹介していた。

  • 一部地域で配達された別刷り特集
    一部地域で配達された別刷り特集

「抜き取る作業を急ぎましたが...」

   小出さんは、17歳少女との不適切な関係を写真誌に指摘され、8日に所属事務所が無期限活動停止を発表し、NHKもドラマの放送中止を決めていた。朝日新聞では、別刷り特集のフロント面をNHK朝ドラ「ひよっこ」に出演している俳優の竹内涼真さん(24)のインタビューに差し替えて、別刷りでなく、10日付の紙面の一部に載せる措置を取った。

   10日付朝刊社会面に載った「おわび」によると、8日の時点で別刷りはすでに販売店に搬入され、10日付朝刊への折り込み準備が進んでいたため、放送中止が決まって、別刷りを「抜き取る作業を急ぎましたが、お手元に届いてしまう場合もあります」としている。実際、関東地方の一部では別刷りが配達された。

   配達された「beテレビ」によると、小出さんは、10日から放送予定だったNHK主演ドラマ「神様からひと言~なにわお客様相談室物語~」で、クレーム対応などをする食品会社員を演じることになり、「サラリーマンに見えるように」気を配ったと話している。

   小出さん自らはアクが強く、輪の中に入って「ギャーギャー言いたいタイプ」だというが、主演に当たっては、苦労してアクを消し受け身に徹したとインタビューに答えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...