「五円玉」に洋数字「5」がないのはなぜ 現行硬貨では唯一...外国人は「読めない」?

印刷

   一円、五円、十円、五十円、百円、五百円。よろしければ、財布から取り出して見比べてほしい。6種類の現行硬貨の中で、ほかにはあって、五円玉だけには「ない」要素がある。

   答えは、「アラビア数字(算用数字)」だ。ほかの硬貨には額面がアラビア数字で刻印されている(漢数字も表面にある)のに対し、五円硬貨だけは表面に「五円」と漢字表記があるのみで、裏面にも記載がない。

  • 五円玉。確かに漢字しか書いていない
    五円玉。確かに漢字しか書いていない

ツイッターでの指摘きっかけに話題に

   もちろん、それは今に始まった話ではないのだが、ツイッターで2017年6月10日、あるユーザーが、外国人客がレジで五円玉がいくらなのかがわからず、戸惑っていた――という目撃談を投稿、これが2万回近くリツイートされたことで、にわかに話題を呼んでいる。

「言われてみれば確かに」
「ほんとだ...漢数字表記は五円玉だけなのけ...」
「そっか五円玉だけ『5』って書いてないんだ」

といった驚きの反応に加え、

「あ、このせいで俺バスんなかで外国人からHow much?って五円玉見せられたのか」
「去年の三月、ヨドバシAKIBAのベンチでアジア系っぽい外国人の兄ちゃんから『これはいくらですか?』と五円玉を出されて訊ねられたわ」

と、投稿者と同じ体験をしたという声も少なからず上がる。確かに、漢字がわからない外国人観光客には、五円玉がいくらなのか判断する材料はない。中には、「変えたほうがいいねオリンピックまでに」などと、「改鋳」の必要性に言及するツイートも見られた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中