2019年 7月 22日 (月)

「日傘ブス」一気にホットワード 「どうしろと?」反発急増

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

ステレオタイプのイメージが原因?

   杉山氏は、今回の「日傘ブス」問題は、当然のことながら日傘をさしている人より、それを見ている人に問題があると話す。

「(ワイドナショーの)番組内でゲストのウエンツ瑛士さんもおっしゃっていましたが、日傘をさす人に過剰な期待があるのではないでしょうか。日傘をさしているのは、上品で美しく、どこかはかなげで......と、そんなステレオタイプのイメージがまだ残っていると思います。見る人が勝手に日傘をさす女性の容姿を想像し、そのイメージに当てはまらなかったら『ブス』という強い言葉で叩く、とこういうわけです」

   最近は男性の日傘も増えてきたため、「ちょうど今、日傘のイメージの過渡期にきているのではないでしょうか」とも。

   では、「ブスだから傘で顔を隠す」という意見についてはどうか。

「たしかに顔を少し隠してキレイに見せる、という女性も多少はいるかもしれません。そういった意味では、マスクが外せない女性の心理と近いものもありますが、数は少ないでしょう。なぜならマスクと違って、屋外しか顔を隠せないからです」

   杉山氏は、「いずれにしても日傘と容姿はなんら関係がありません。今回のような誹謗・中傷の拡散は、ネット特有の攻撃性と匿名性に原因があると思います」と言い切る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中