2018年 11月 14日 (水)

麻央さん最期の言葉「愛してる」 海老蔵さん、記者会見で「泣いちゃいますよね」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   歌舞伎役者の市川海老蔵さん(39)が2017年6月23日午後、都内で会見を開き、乳がんで闘病中だった妻・小林麻央さんが亡くなったことを報告した。22日夜、最期に「愛してる」という言葉を残して自宅で息を引き取ったという。

   記者会見直前にもブログを更新し、「昨日 天国へ向かって旅立った」と明かしていた。

  • 記者会見に臨む市川海老蔵さん(2017年6月23日撮影)
    記者会見に臨む市川海老蔵さん(2017年6月23日撮影)

「僕を変えた奥さん」

   黒いスーツとネクタイの喪服に身を包んで400人の報道陣の前に現れた海老蔵さんは、「昨日(22日)夜に妻・麻央が旅立ちました」と報告。下まぶたは赤く、泣きはらした後のような疲れた表情だった。

   麻央さんが息を引き取る瞬間に「愛してる」と言ったことを明かすと、そのまま言葉を詰まらせ、こぼれる涙を押さえた。さらに溢れ出る涙を両手でぬぐいながら、「その一言を言って、泣いちゃいますよね、そう一言『愛してる』と言ってそのまま旅立ちました」と明かした。頬は涙で濡れていた。

   病気から快復した暁には多くの人の救いになれるような存在になりたいと語っていた麻央さんを、海老蔵さんは「人ではないというか、すごい人だな」と感心し、ハンカチで涙と鼻水をぬぐいながら、「総合的に教わったこと、今後も教わり続けることは愛なんだと思います」と語った。

   麻央さんが亡くなった今、出会ってから息を引き取るまでの全部の表情が目に浮かぶと、ハンカチで鼻を押さえながら、麻央さんと過ごした日々に思いを馳せた。

   海老蔵さんは終始目に涙を浮かべ、鼻をすすったり、言葉を詰まらせたりしながら、

「多くの麻央の事を応援して下さった方、麻央と共に戦っている方々、本当に昨日、先に旅立ちましたけれども、ずっと麻央はきっと皆さまの側にいると思いますので、本当に色々ありがとうございました」

と会見を締めくくった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中