「ミニスーファミ」発表に列島熱狂 それでも「あのソフトは...?」の声

印刷

   スーパーファミコンが、やはり「ミニ」になって復活する。任天堂は2017年6月27日、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(ミニスーファミ)を10月5日に発売することを発表した。

   1990年に発売、一時代を築いた名機「スーファミ」だけに、「絶対買う!」など世間は大盛り上がりだ。一方で、「あのソフトが入ってない」「あのソフトも入れてほしかった」など、話題の種も尽きない。

  • 発売が決まった「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(ミニスーファミ)
    発売が決まった「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(ミニスーファミ)
  • 収録作の一覧(任天堂プレスリリースより)
    収録作の一覧(任天堂プレスリリースより)

伝説の未発売作「スターフォックス2」も

   2016年11月に発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(ミニファミコン)に続く第2弾。ファミコンを小型化し、当時の人気作を収録したミニファミコンと同じく、当時のデザインを再現したミニサイズの本体に、全21作のソフトを収録する。なお、ミニファミコンでは「コントローラーが小さい」ことが一部で物議をかもしたが、今回はコントローラーは当時そのままのサイズだ。

   収録作は、「スーパーマリオワールド」(1990年)、「スーパーマリオカート」(92年)、「ヨッシーアイランド」(95年)、「スーパーマリオRPG」(96年)などのマリオシリーズから、「スターフォックス」(93年)、「スーパードンキーコング」(94年)、「星のカービィ スーパーデラックス」(96年)などの任天堂の主要タイトル、「ロックマンX」(93年)、「ファイナルファンタジーVI」(94年)、「スーパーストリートファイターII」(94年)などサードパーティーの人気作、隠れた名作として名高い「パネルでポン」(95年)、さらには、発売時期の関係でお蔵入りとなった幻の作品「スターフォックス2」まで――と、ライトユーザーからゲームファンまで目配りした内容となっている。

   前作のミニファミコンは2月までに、国内外合わせ150万台を売り上げるヒット作となり(現在は製造を一時終了)、国内では入手困難の状況も続いた。ミニスーファミも、発表とともに、「収録ソフトすごい......」「買うしかないよね」などといった声がネット上でも続々と上がる。ツイッターで多くつぶやかれたキーワードを集計する、Yahoo!リアルタイム検索の「話題なう」では、27日正午過ぎの時点で、上位20ワードのうち17が関連する単語で占められた。

海外版のラインアップがうらやましい?

   一方で、ほぼ同時に発売が発表された欧米版は日本版と一部ラインアップが異なる。欧米版のみの収録ソフトには、「悪魔城ドラキュラ」(91年)、「カービィボウル」(94年)、「MOTHER2 ギーグの逆襲」(94年)などの人気作が含まれている。そのため、

「海外版にはマザー2あるのに日本版には無いのかよ!!なんでや!!!」
「...待て待てなんでカービィボウル外したし」

など、嘆きの声が少なくない。スーファミのソフト数は、正規発売されたものだけで1500作近くに及ぶといわれており、

「オウガとロマサガとクロトリ入ってないからやりなおし」
「アクトレイザーとパイロットウイングスと海腹川背が入ってない件について」
「いたスト、桃鉄、グラディウス3、ぷよぷよ通、ドラクエ3 or 5、タクティクスオウガは入れてほしかったかも」
「なんでゴエモンがゆき姫なの...マッギネスの方が楽しいのに!!」
「ドラゴンボール武闘伝2入れてくれやー」

などなど、「待望論」は数知れない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中