海老蔵に「ブログ更新しすぎ」批判 「本当にギスギスした世の中だな」

印刷

   歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)が、「更新しすぎという意見もある」として自身のブログの投稿頻度に言及し、「お許しください」と述べている。

   海老蔵さんは以前から頻繁にブログを更新しており、妻・小林麻央さんが34歳で亡くなった後もその頻度は大きく変わらない。

  • 会見を開いた市川海老蔵さん(2017年6月23日撮影)
    会見を開いた市川海老蔵さん(2017年6月23日撮影)

「私は私のやり方で許してください」

   海老蔵さんは2017年6月27日朝9時前、「私は今こころの頼りは こうしてブログでも 皆様も繋がっている事も 私の支えになっています。ありがとうございます。更新しすぎという意見もあるとか、確かにその通りです。が、ごめんなさい」として、自身にとってのブログの存在をこうつづった。

「御理解してくださいとは言いません。居ても立っても居られないとき、私はブログが1つの支えになってます。皆様のコメントや こころの在りようを表す事で少しだけ 気を取り戻せるような気もするのです」

   その上で「お許しくださいね。人それぞれですから、私は私のやり方で許してください」と訴えている。

   海老蔵さんは23日に開いた会見で、22日夜に妻の麻央さんが亡くなったと発表。涙を拭いながら、言葉を振り絞って伝えていた。その数時間後には歌舞伎の舞台に立っているが、25日朝のブログでは「こんなにも台本が頭に入らないのは初めてで、焦りを超えて愕然としています」と正直な心境を明かしていた。

23日に15回、24日は15回、25日に18回...

   海老蔵さんは、会見をした23日に15回、24日は15回、25日に18回、そして昨26日に16回と、毎日15~20回のペースでブログを更新している。麻央さんが亡くなる22日以前の数日間と比較すると、若干少なくなっているが大きくは変わっていない。

   「更新しすぎ」という意見がどこから届いたのかは明らかにしていないが、海老蔵さんがこの点に触れたことにツイッター上では励ます言葉が相次いでいる。

「堪えきれない悲しみとしっかりしないと、という気持ちの狭間でなんとか気持ちの整理をしようとしてるんだろう」
「ブログ更新しすぎとかの批判を受けるって大変だな。私も、ただ、むこうに吐き出してみたいときがあるんだよね。なんか、本当にギスギスした世の中だなーと辛くなる」
「弔うカタチは人それぞれ。哀しみの表しかたも、立ち直る術も違う」
「書くことが心の整理になることってあるんだよ」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中