欧州で大規模サイバー攻撃 チェルノブイリ原発も

印刷

   ウクライナやロシア、欧米など世界各地で、2017年6月27日(現地時間)、身代金要求型ウイルス(ランサムウエア)を使ったサイバー攻撃が起きた。政府機関や銀行、民間企業などで被害が出ている。

   AFP通信などによると、ウクライナでは政府や首都キエフ郊外の空港、電力会社などで被害が相次ぎ、グロイスマン首相は今回の攻撃を「前例がないもの」と指摘した。また、チェルノブイリ原発周辺の放射線自動監視システムの一部が27日に接続不能となり、手動に切り替えられた。現在は正常に機能しているという。

   ほか、デンマークに拠点を置く海運大手「APモラー・マースク」や英広告大手WPP、米国では製薬大手「メルク」が被害を受けたとされる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中