勝間和代、藤井聡太四段29連勝は「偶然の可能性」 異常なフィーバーへの嫌気がアンチ発言を生む?

印刷

   プロ将棋公式戦で前人未到の29連勝を達成した藤井聡太四段(14)に対し、お笑いタレントの大竹まことさん(68)が「調子に乗らすな」「誰かシメてやれ!」とテレビ番組で発言し激しい批判を浴びているが、それよりも、同じ番組に出演した評論家の勝間和代さん(48)の分析の方が「滅茶苦茶だ」、とも指摘されている。

   勝間さんは連勝について、素晴らしいことではあるが「偶然なのでは?」と語ったのだ。ただし、ネット上ではこの発言に賛同する人もいて、こんなふうに、藤井四段への疑問の声が挙がり始めているけれども、こうした背景には、藤井四段に関する報道の異常なフィーバーぶりに、嫌気が差してきたのではないか、といった意見も出ることになった。

  • 強くない相手と戦っていた? (日本将棋連盟棋士データベースより)
    強くない相手と戦っていた? (日本将棋連盟棋士データベースより)

大竹まこと「これ以上調子に乗らすな。誰かシメてやれ!」

   大竹さんが出演したのは2017年6月27日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)。 藤井四段の話をふられると、

「これ以上勝たせてどうすんの?77歳のジイさんが14歳のガキに『どうもすいません』。ありえないだろ!?」

と切り出し、あとは捲し立てた。勝ったとしても藤井四段は若者なんだから、「戦わせて頂きましてありがとうございました」と頭を下げるべきであり、そういう風に「ルールを変えなくちゃダメ」。しかも藤井四段はガムテープで作ったような財布から「きつねうどん」の代金を払っている。

「皮のサイフを持たないようなヤツがだな、ネクタイ、ちゃんと締めろってんだ、お前!ボコボコにされにゃぁいかん。これ以上調子に乗らすな。誰かシメてやれ!」

と語った。

   この発言にネット上で批判が渦巻き、

「大竹大嫌い コメントするな 藤井くんがんばれ」
「本人は至って謙虚だよ 。大竹は加藤一二三九段引退の際のコメントを百万回読めや」

などといった書き込みが掲示板に出て大竹さんはフルボッコ状態だ。お笑いタレントの大竹さんらしい「ネタ」のようなのだが、時の人である藤井四段人気の前では通用しなかったようだ。

   そうしたなかで、大竹さんの発言の爆発力に霞んでしまった勝間さんの分析にも注目が集まるようになり、

「勝間のほうが怖いもの知らずで勝ってるとか、偶然勝ってるとか無茶苦茶だぞ」

といった声が上がった。

「将棋と麻央ばっかだからな。いい加減にしろ」

   番組で大竹さんの隣に座っていた勝間さんは、なぜ藤井四段が連勝することができたのか、自分には「2つ仮説がある」と語った。一つは若く柔軟な思考ができ、怖いもの知らずで勝てているのではないのか、とした。もう一つは、

「(勝っているのは)偶然の可能性がある。(対戦した)28連勝の棋士の方は今はCクラスで、特に大きなタイトルを取っていない」

   つまり、あまり強くない相手と「偶然」連戦することになっただけ、ということのようだ。藤井四段は17年4月に羽生善治三冠に勝利したと話題になったが、あれは「AbemaTV」の番組企画で公式戦ではなかった。勝間さんの分析にスタジオ内では、藤井四段は強いし頑張っている、という意見が出たが、

「10年後とか歳をとった時に勝てるかがものすごく興味がある」

と勝間さんは語った。

   大竹さん、勝間さんの発言に対する批判は圧倒的に多いのだが、ネット上では、

「プロ棋士はみんな大竹と同じ気持ちだと思うよ。特に次の対戦相手の佐々木五段は たまたま対局場にいたらしいけど、藤井を見つめるとき今にも殺しそうな目をしていた」
「今んとこ、相手の名前が一般人は誰も知らんような奴ばかり。力の衰えで強制引退になったヒフミンくらいでしょ、名前知られてるの」
「A級棋士相手に連戦して4連勝しろって言われたらさすがの今の藤井君でも厳しい」

などといった意見も出るようになった。そして、

「藤井君持ち上げられ過ぎて可哀相」

とし、藤井四段に対する疑問のようなものが出始めたのはメディアが騒ぎ過ぎたためであり、

「将棋と麻央ばっかだからな。いい加減にしろと普通の人は怒ってるよ」

などといった意見も掲示板に出て、異常なフィーバーぶりに嫌気をもよおし始めたと感じている人もいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中