2018年 12月 10日 (月)

人間だけが発症する恐怖の感染症 「クリミア・コンゴ出血熱」にワクチンなし

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   マダニが媒介するウイルスによって発症する「クリミア・コンゴ出血熱」の感染例が、近年西欧や地中海沿岸諸国、北アフリカなどで相次いでいることを受け、厚生労働省は2017年6月22日、海外渡航者に対する注意喚起を発表した。

  • 夏の海外旅行時には要注意を(画像は厚労省検疫所ウェブサイトより)
    夏の海外旅行時には要注意を(画像は厚労省検疫所ウェブサイトより)

発症後2週間程度で約30%が死亡

   クリミア・コンゴ出血熱は発熱や出血が主な症状の感染症。ウイルスを持った「イボマダニ」に咬まれることにより感染するほか、感染した動物や患者の血液や体液に直接触れることでも感染する。国立感染症研究所が日本ウイルス学会誌で発表したレポートでは、羊やヤギなどの家畜は感染しても出血などはせず、症状を発症するのは人間だけだという。

   厚労省検疫所によるとイボマダニの北限(生息できる最も北の地域)が北緯50度となっており、北緯50度以南のアフリカやバルカン半島、中東が主な発祥地とされていたが、2016年にはスペインやポルトガルでの感染が確認。今年に入っても北アフリカ諸国で相次いで確認され、同省は西欧への渡航時にも注意するよう呼びかけている。

   症状出現後2週間程度で約30%が死亡する致死性が高い感染症だが、ワクチンや予防薬、治療薬は存在せず、発症後の対処療法しかない。

   そのため、イボマダニとの接触を避けることが重要で、厚労省は「藪などに入る場合は長袖長ズボンで肌を覆う」「羊などの家畜に素手で触れない」といいった対策を必ず取るよう求めている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中