2018年 11月 21日 (水)

真木よう子「ワロス」とネット死語 ファン「大目に見てあげて」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   女優の真木よう子さん(34)がツイッターを開設したところ、「ワロス」など、今では使われなくなったネットスラングを使ったため、困惑するファンが続出している。

   「ワロス」という言葉を生んだ「2ちゃんねる」でも真木さんのツイートが話題になっていて、ネットに慣れていないようで「恥ずかしい」などといった意見が出ているほか、過去に使われたネットスラング「漏れ」「キボンヌ」「逝ってよし」などを思い出す人もいる。

  • 「ワロス」は過去のネットスラング(写真は真木さんのツイッターから)
    「ワロス」は過去のネットスラング(写真は真木さんのツイッターから)

「Twitterとやら、始めました」

   真木さんは2017年6月28日、

「Twitterとやら、始めました。初めまして。ワタクシ通り名真木よう子」

とツイッターを開設した。ネット上ではまず、この「通り名」というのはどんな意味なのか話題になったが、続いて何をつぶやけばいいか分からないとし、真木さん主演のフジテレビ系ドラマ「セシルのもくろみ」の撮影を話題にし、

「私扮する宮地奈央の私服は極めてダサい、一周回ってもやっぱりダサい。出オチ感半端ねぇyo、そこのみでいいから観てくれyo」

   そして、

「本日も撮影なう。ワロス」

とつぶやいた。これに対しフォロアーから、

「言葉には気をつけて...」

とたしなめられ、

「了解です!バルスって言ったらいいかな??」

と返した。この「ワロス」というのは「2ちゃん」発祥のネットスラングで「笑った」という意味だ。そのため真木さんに「2ちゃんねらー?」といった疑いがかけられた。しかし、「ワロス」は10年くらい前に流行り、今では「死語」のようになっている。

ネットスラングも流行廃れがあるから難しい

   当の「2ちゃん」でも真木さんのツイートが話題になり、

「無理してネットスラング使おうとして、思いきり滑ってる」
「ひと昔前によくいた、椎名林檎が好きな専門学校生が書きそうな文面」
「きっと今ごろ死にたくなるくらい恥ずかしがってると思う」
「年増のいい女がネットに馴染もうと頑張ってくれてんだから、大目に見てあげて」

などといった書き込みが出ることになった。

   真木さんのツイートで過去に流行ったネットスラングを思い出す人も多くいて、

「はげどうとか言って欲しい希ガス」
「初心者は逝ってよし」

などといった書き込みが出たほか、「漏れ」「キボンヌ」「香具師」「オヌヌメ」といった言葉が出て、

「ネット用語も流行り廃りがあるし、定番になっただろと思ってたら、そうでもないのがあったりで難しいよなぁ...」

などといった感想も綴られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中